転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

監視

その問題とは…

(もう少し暗いなら税を上げてもいいのでは?)

そう、この貴族の腐敗化だった。

バルバロット帝国としては、領地経営のための税を上げることは許しているが、貴族の私腹を肥やすことは認めていないのだ。

そもそも、今回の税の引き上げも、その税を使って、領地内で何かしらの特産を作れという意味合いがあった。

金があったら、開発もできる。

開発が完了してしまえば、それを特産としてしまえばいい。

しかし、この貴族はそのようなことをしないで、税が増えたことで、今まで通りのことができることに安心して、さらに、自分がもっといい生活をするために税を上げたいと思ったのだ。

(それにばれていないし、やはりいくらバルバロット帝国といえども、地方の方には目が行かないらしいな。)

実際には、しっかりと見たうえでしょうがないということで許しているのだが、本国の方からの注意喚起も何もないので、大丈夫だと思ったのだ。

「よし、もう少し税を上げるぞ。」

「ほ、本当に大丈夫なのですか?」

「ああ、だって、今回の税引き上げもばれていないのだぞ?
なぜ次がばれると思っているのだか…」

「しかし、不満を持った市民が、本国のほうに連絡に行くかもしれません。」

「それはないだろう。そもそも、本国のほうに行くくらいの金に余裕があるものは金に困っていない。
確かに、税金が上がることによっていやにはなるだろうが、本国のほうに行くレベルではないだろう。」

この世界の税は、法人税や消費税のように、金を持っている、金を使ったものほど負担が多くなるものではなく、全領民に対しての一定の税となっている。

つまり、金を持っていない人ほど、苦しくなるのだ。

「ということで、引き上げるぞ。」

そうなってからの領主は早かった。

もともと、この領地が税によって運営していたからというのもあるが、原動力が自分の生活基準の向上ということで、圧倒言う魔に書類を作ってしまい、本国の方への連絡もなしに、税を引き上げてしまったのだ。

数日後…

「おお…今回の徴収日はこんなにも入ってきたぞ…」

確かに、収入の方は圧倒的に向上している。

しかし、その分の領民に対する施しというものはなかった。

まだ、この領地を監視している者は、その税を使ってこの領地を一気に開発するということなら、ある程度擁護しながら本国のほうに連絡をしようと思っていたのだが、今回のことが完全に領主の私利私欲の為ということが分かって、本国のほうに連絡をするのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く