転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

発見

戦争相手の国を各個撃破していくバルバロット帝国だったが、ここで問題が発生してしまった。

「なるほど、おそらく向こう側にもトップがいるのだろうが、そのトップに報告が行く前にどんどん国が滅んで行ってしまっているのか…」

本来、戦争というもので、降伏するときには、自国の被害や、自分たちの陣営の被害を考慮する。

しかし、今回に関しては、バルバロット帝国兵が同時に一気に国を攻め滅ぼしているので、まだ敵側の大将のほうに連絡が行っていないのだ。

「ある意味ありがたいな。」

これは、バルバロット帝国にとってはうれしい誤算だった。

ここで、一回潰しておかなくてはいけないと思っていたアインだが、それでも降伏されてしまったそれ以上戦争を続ける意味がないので、中止するつもりだった。

しかし、敵側からの幸福が来ない限りは、戦争をし続ける正当な理由があるのだ。

それに、戦況を見てみると、バルバロット帝国の一方的な虐殺となっているが、それでもバルバロット帝国に関しては、今回の戦争は防衛戦争なので、正当性に関しては十分存在している。

それに、まだ敵側の大将がいる国が分かっていないので、無条件降伏に関しても出すことができないのだ。

「しかし、そろそろ終わるな。」

敵側の参戦国が大会時の時よりも多かったとしても、1つの国を数分で落とされてしまっているので、そろそろすべての国が滅びそうになっている。

一応、アインもリーダーの国らしきものがあったら、破壊をしないで待機をsるように命令をしているので、そのうち向こう側の大将とも話ができるだろう。

まぁ、その前にバルバロット兵が殺してしまったら、それも実現できないのだが。

とにかく、アインからすると、長引いてもすぐに終わってもメリットしかないのだ。

しいて言うならば、今回の戦争に関しては、敵側の領土が少ないため、割譲をしても、そこまで国の足しにすることができないことだ。

しかし、それでも軍国ということで徴兵数に関しては多く、人的が多いので、それこそが今回の戦争での一番のメリットになるだろうと考えている。

だから、できるだけ人は殺したくないのだが、今回に関しては、部隊のほうにどのような行動で敵を攻め滅ぼすかをすべて依頼しているので、アインに何か言えるような立場はなかった。

しかし、敵側がそんなに長いこと耐えられるわけなく、兵隊の方から連絡がきた。

「アイン様、おそらくですが敵の大将の国と、敵の大将が分かりました。」

「戦況は?」

「まだその国には攻めていなく、敵同盟国の方の進攻を優先しています。」

「連絡に関してはどうなっている?」

「敵国の周辺に兵を集中して、連絡兵が一切入れないようにしています。」

「そうか…それじゃあ、先にほかの国を攻め滅ぼしてから、大将国を攻めに行こう。」

「わかりました。それでは連絡してきます。」

そして、バルバロット帝国は、先にほかの国から攻め滅ぼしに行くのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く