転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

魔力切れ

あれ以降、町の調査をしているが、特に問題なのは、その商店の息子の話だけだった。

それに、もともと、彼の本来の仕事に関しては、この街の調査ではないのだ。

(そろそろ時間か…)

そう、本来の目的は、転移魔法で、ここの住民を島のほうまで運ぶことである。

(さて、何人集まっているだろうか…)

今回の移動に関しては、彼は、ずっとビラ配りをしていたので、何人集まってくれているかが、わからないのだ。

(できるだけ多いほうがいいんだけど…)

転移魔法的には、人数が多いほうが大変なのだが、それでも彼は基本的にまじめ人間なので、自分の仕事が、貢献できているだけで、少しうれしいと思っている。

だから、自身への負担は多くなるが、それでも、できるだけ多くの人がいてほしいと思っているのだ。

そして、彼が、この街の長から言われた、転移場所に行くと、数十人の人がいた。

(よかった。この街が大きいほうということもあるのかもしれないけど、こんだけ集まってくれた。)

今回に関しては、魔術師本部の上層部からも、そんなに人は集まらないと思うと、すでに言われていたのだ。

なぜかというと、まだ、最近作ったばかりの島なので、知名度がないのと、島ということで、自然災害に会いやすい。

そして、大陸に比べると不便であることが分かっているからだ。

しかし、言ってしまえば、今この島には、まだアインの商会の利用者がいないことになっている。

だから、今回の移動に関しては、ここで成功しようとしている商人に関しても集まっていることが多い。

幸い、この街に関しては、すでに自営業で成功している商店があるので、市民たちが、アインの商店以外にもあるし、自分が商店を開く必要はないか…といって、特に商人になりたいといっている人はいない。

(とりあえず、運ばなくては…)

そして、彼は、待っている市民のほうに行くと、今から移動をするので、できるだけ小さくまとまってくださいといった。

市民たちはそれに従ってくれて、できるだけ一か所に集まろうとしてくれたので、彼は、転移魔法を発動して、島までの転移をした。

「はい。つきました。
それでは、ここが今回の開発島の町の中心になっています。
今から皆様には、自由に歩いていただいて、この島に住んでもらうか決めてもらいます。
まだ、人はいないので、わかりにくいかと思いますが、基本的に、商店予定地と書いてある場所に関しては、国王様の商店がやってきます。
その商店との距離なども考えながら、慎重に選んでください。」

そういうと、彼は、近くにあった家に入っていった。

そこは、転移で飛んできた魔術師用の場所であり、そこで魔力の回復を促すのだった。

「はぁ…はぁ…まさかここまでつらいとは。」

新人魔術師である彼は、魔力切れを起こしていた。

魔力切れに関しては、簡単に言ってしまうと、気持ち悪くなってしまうのだ。

本来、魔術師ではない者たちに関しても、魔力というのは持っている。

そして、知らないうちに、生命活動の一環に魔力を使っているのだ。

しかし、魔力切れを起こしてしまうとその魔力がなくなってしまうので、貧血の上に、疲れているような状態になってしまうのだ。

「お、新人。大丈夫か?」

「え、ええ。」

中では、すでに先輩たちが待っていた。

先輩たちに関しては、そこまで疲れている様子がなかった。

(やっぱり、まだまだかなわないな…)

こうして、まだまだ自分が未熟だということを見せつけられてしまったのだった。 

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く