転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

調査

「それじゃあ、この街で転移魔法での運搬をお願いする。
あと、これ。」

「これは何ですか?」

渡されたのは、虹色に輝く石だった。

「これは、政府のほうから渡されている、魔力結晶だ。
これに魔力を通そうとすると、逆に魔力が供給されるものだ。」

これに関しては、存在と、効果については知っていた。

しかし、入手条件が難しいらしく、帝国の魔術師部隊の本部の上層部の方で管理をしているらしい。

「知っていると思うが、これに関しては、貴重だから気をつけろよ?
正直、馬車業をやっていて、こんなものに触る機会が来るなんて思っていなかったんだが…」

この業者に関しては、結構博識らしい。

ふつうは、魔術結晶なんてもの、存在も知らない人のほうが多い。

なぜなら、普通に数が少ないから、知っている人が少ないのと、高等教育でも受けていないと出てこないような単語だからだ。

「わかりました。
それでは、行ってきます。」

そして、門番の方には話が通っていたらしく、少しの確認だけで、町の中に入れた。

すると、町の中では、何人かの人が待っていた。

「本日は、王都のほうからお越しいただき、ありがとうございます。」

今まで、魔術師部隊の下っ端の方だったので、このような下に出られる態度には慣れていないのだが、それでも、さすがに、本部の中の下っ端のほうが、村長などよりは権力を持っているので、これに関しては、慣れていくしかない。

「それで、この街のどこでやればいいのだ?」

「少々お待ちください。」

そして、連れていかれたのは、町の中心から少し離れた場所だった。

「この街に関しましては、結構きれいに区が分けられています。
今回の計画の内容的に、一般市民を入島させたいようですので、この住宅街での受付をお願いします。」

「わかった。」

正直、別に冒険者なんかでもよかったのだが、これに関しては、こちらの町が考えてくれていたことなので、何でもかんでも却下してはいけないと思って、住宅街の方で活動することにした。

「それでも、少しくらいなら移動していいですね?」

「ええ、それに関しては、大丈夫です。」

実は、今回の計画には、他にも依頼があった。

これに関しては、担当の魔術師にしか伝えられていないのだが、その街の状況の調査だった。

本部の魔術師に関しては、正直異常な力がある。

正直自分も、あの地獄のような訓練によって普通の人間からすれば、総隊長をやっていてもいいくらいの力は持っている。

(まぁ、それでも一部隊の隊長にすら、まだ魔法を使わせられるような気すらしないんだけど…)

ある程度強くなった魔術師に関しては、一回、魔法ではなく、武術を少しだけ心得るものが多い。

隊長たちに関しては、下っ端の魔法に関しては、自身のこぶしに魔力を纏わせるだけで他の魔法を使わずに接近戦を挑んでくる。

相手から本気を出すこともできないのだ。

しかし、それでも、彼らが弱いわけではなく、隊長たちが強すぎるだけなので、彼に関しても、異常なレベルで強い。

言ってしまえば、領主が持っているような兵は1人で全滅させられるくらいの力は持っているのだ。

(できれば、この街が普通の町であることを願うんだけど…)

そう思いながら、ビラ配りとともに、この街の調査もしていくのだった。


「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く