転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

移動方法

数日後、島の開発が完成したことを聞いたアインは、島まで向かった。

「出来はどうだ?」

アインが、現場監督をしていた幹部に聞いてみると、

「アイン様、いらしたのですか。
まぁ、それなりによく完成したと思いますね。」

「そうか。
これから先、まだ開催までは少し時間があるし、これから先は、この島に人を呼び込むことが仕事だな。」

島ということで、現状は、船でしか移動手段がない。

そのせいで、島というのは比較的人が集まりにくいのだ。

(転移魔法を使えばいいか?)

実際、島が不人気な理由は、移動手段が限られていて、しかも、船酔いなんかをする人にとっては、苦痛でしかない。

(まぁ、そこに関しては、城の方で相談するか。)

転移魔法というのは使い手が少ないので、一般市民が使えるわけがない。

つまり、転移魔法を使える人を派遣するしかないのだが、転移魔法というのは、大量の魔力を使う。

それこそ、アインの周りの人だったら、大丈夫だが、普通の魔術師にとっては、転移魔法の発動というのは、1日一回が限界なのだ。

「それじゃあ、僕はこの島にできるだけ人を呼び込めるように努力するよ。」

「わかりました。
アイン様の計画が成功することを願っております。」

そう送られて、アインは、一回、場内に帰ってきた。

「さて…どうするか…」

「何かあったのですか?」

場内の執務室に帰ると、エリが待っていた。

「ああ、島に人を送りたいのだが、一番いいのは、転移魔法だけど、転移魔法を使える人の少なさと、使用魔力量的にどうしようか悩んでいるんだよね。」

「そうですね。それに、転移酔いというのも、たまに起きるようですし。」

転移酔いというのは、転移魔法で、移動したときに、転移時の反動で寄ってしまうことだ。

これに関しては、発生する条件が、基本的に、転移魔法を使う魔力量に達していないのに、転移魔法を使ってしまい、魔力欠陥なってしまうからだ。

しかし、誰かに運んでもらう場合でも、魔力量が圧倒的に少ないと、転移魔法で運ばれるだけでも、少しだけ魔力が吸われるのだが、その少しの魔力を吸われるだけで、酔ってしまうのだ。

「そうだな…転移魔法は結構問題が多いな。」

「まぁ、さっきは問題点を言いましたが、それでもやっぱり、他の方法よりは、メリットが大きいですけどね。」

「まぁ、この際、転移酔いに関しては、我慢するしかないとして、転移魔法の発動方法に関してはは、どうしようか。」

「まぁ、仕事にするのが一番いいのでは?」

「魔法を発動するだけの仕事か。」

「まぁ、作るしかありませんね。」

「魔力の問題に関しては、魔力タンクを用意してあげるしかないな。」

この世の杖の中には、使用者に魔力を吸収させるものがある。

それで、アインが作った魔力タンクに触れてもらえば使用者の体の中には、結構な量の魔力が入るようになるのだ。

しかし、魔力量が、最大と、ほぼ最小を行き来するので、結構大変なものになる。

「まぁ、給料をよくして集めるしかないな。」

こうして、大体の流れは決まったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Legendary cucumber

    世界最強の強くてニューゲームで、アインが出てきたけど世界がくっついたのかな?(世界最強「スーパーエリート」と転生貴族「2年」の話参照)

    1
  • らんすろー

    転移するなら アインが魔道具を 作ればいい。例えば どこでも行けるゲートとか。

    1
  • 神王

    転移時の反動で寄ってしまうことだ。         ↑この字が間違っています。本当は、→(酔ってしまうことだと思います。)これからも頑張ってください。次回を楽しみにして待ってます。

    1
コメントを書く