転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

経緯

アインが待っていると、続々と幹部が集まってきた。

「お久しぶりです。」

部屋に入ってくる幹部たちは、皆アインに一回挨拶をして、自分の名前が書かれた席まで向かっていった。

そして、全員が集まって、書記の者が入ってきて、会議が始まった。

「それでは、これより、演習場予定地の仮都市建設に関する会議を始めます。」

そして、司会の者が今回の経緯を説明し始めた。

「今回は、近年、この国は戦争していません。
それに関しては、国の方針なので、我々がとやかく言う必要はないのですが、それによって、前までは有名だった我が国の軍事力が伝わっていない国が出てき始めました。
そして、最近行われた大会において、参加国の一部が連携をして、この国を攻め滅ぼそうとしています。
この国には、その連合を打ち破る力がありますし、それにこの国の同盟国も多いので、負ける心配はないのですが、それでも、戦争にはそれなりに費用と労力がかかります。
そして、連合に勝った時に、こちら側が得られるメリットが少なすぎます。
そのため、今回の演習にて、この国の戦力を見せて、この国に逆らう気をなくすのが、今回の、島の開発の経緯です。」

今回の、演習を行うように決めたのは、このような内容だった。

「それでは、次に、島の開発に関することを話します。
今回は、演習用に、アイン様が魔法によって、バルバロット帝国本土の近くに島を作ってくださいました。
今回の目的は、演習なので、演習をするだけというのなら、今回の都市化の計画は必要ないのですが、今回は違います。
今回は、いろいろな国の王族も来ますので、この国の経済力を見せつけるためにも、できるだけ街は発展していたほうがいいでしょう。
それと、今回は、演習用に島を作りましたが、環境的にも、生活ができるような環境ですので、この島に関しても、生活圏にしたと思います。
それに、この島に関しては、もともと地下の土を魔法によって盛り上げたものなので、モンスターの心配がありません。」

ここで、司会の者が、アインにマイクを渡してきた。

「ということで、今回集まってもらったのは、この島の開発をしてもらいたいということだ。
資金のほうに関しては、こちら側で持つ。
こちら側というのは、国側だ。」

商会もアインの支配下なので、商会の金を使うこともできるのだが、それでも、国の計画に、商会から金を使うというのは、あまりよろしくないので、国のほうから出すといった。

しかし、実際には、今回の計画はアインが自分で考えて、国の方の大臣にも相談なしで決めてしまったことなので自分の金から出すことにしてある。

つまり、やっとアインの、まったく動かない金が使われ始めたのだ。

国というのは、金が動いたほうが、経済がよくなる。

そして、今回の開発には、多くの金と資源が動くことになるだろう。

これによって、さらなる経済発展も起こってくれるといいな。ともアインは思っていた。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 神王

    今回も、面白かったです。次回を楽しみにして待ってます。

    3
コメントを書く