転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

新しい島

「演習場所が欲しい?
確かに、それ専用の場所を用意したほうがいいか…」

「はい。さすがに、今回のような演習は初めてですので、私どももあまり把握してないのですが、それでも、派手にやるなら、それなりに大きな場所があったほうがいいかと…」

「それで、どのくらいの広さが欲しいんだ?」

「それに関しましては、私たちの方では、なんとも…
せめて何か国参加してくるかだけでも教えていただけませんでしょうか?」

「大体、20国ぐらいの軍が来ると思うよ。」

「なるほど…20国ですね。
それでは、それなりに大きな土地が必要ですね。」

「まぁ、こちら側で考えておくよ。」

「ありがとうございます。」

そして、団長が帰った後、アインは言われた通り、演習場所を作り始めたのだった。

(まずは、どこかに開けた場所がないか探すか。)

アインはそう考え、バルバロット帝国周辺の海の中で、一番開けた場所を見つけ、そこの海面状に立った。

(ここらへんでいいか。)

そして、アインは、地底に向かって土魔法を使った。

それによって、地底の土がどんどんと、盛り上がっていき、だんだんと海面上にも陸地ができ始めてきた。

(さて、これくらいでいいかな。)

それは、結構大きな島だった。

史実で言うと、セイロン島と同じくらいの大きさだった。

(これで、団長たちも、窮屈せずに、できるだろう。)

しかし、今の状態では、ただ、海面に大きな陸地ができただけで、何も手を付けられていない。

それに、たった今、海の中から、盛り上げてきた土なので、表面がぐちゃぐちゃになってしまっている。

(これもどうにかしなくてはな。)

しかし、この土地の水分を飛ばすことは、アイン1人でもできるだろう。

しかし、さすがに、ほかの国の軍隊などが退屈しないような環境を作るのに関しては、アインはおこまで詳しくはない。

それこそ、アインが、あれだけ大きな商会を作ることができたのは、自分の魔力によって、製品を作れるからだ。

つまりアインは、利用者のことだけを考えて作るというものは、そこまで作ったことがないのだ。

(まぁ、この問題も、商会の幹部たちに手伝ってもらえれば行けるか?)

とりあえず、ここにいても特にできることはないので、アインはいったん商会の方に行くことにした。

「あれ?社長帰ってきていたのですか?」

アインが、社長室に転移したちょうどその時、たまたま社長室の近くを歩いていた社員が、社長室から、音がしたということで、気が付いた。

「ああ、まぁ、本当にたった今帰ってきたばっかりなんだけどね。」

「そうですか…それで、本日はどのようなご用件で?」

「ああ、幹部の者たちを集めてくれないかな。
取り合えず、この本社にいる者たちだけでいいから。」

商会の幹部に関しては、良く出張に行ったりする。

これに関しては、地方の商会がしっかりやっているかを、抜き打ちで確認するためだ。

「わかりました。
会議室に集めればよろしいのでしょうか?」

「そうだね。そのほうが楽だし。よろしく。」

こうして、新しい島の開発が始まるのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く