転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

次の目標

その後、アインはしっかりと集会を行ったが、その集会では、最初のころとは全く変わったような光景が見れた。

「それでは、その辺よろしくお願いしますね。」

「お互いに、交易を頑張っていきましょう。」

そう、今日1日だけで、話せる者をしっかりと見つけていたのだ。

「成功かな?」

アインは、そんなこと言ったが、自分は、これから壇上にて、最初のように、終了の知らせをするという、仕事がある。

まだ、ここでは油断ができないのだ。

「アイン様…」

大会の役員のほうが、アインに合図を送ってきたので、アインはそれを見て、壇上に立った。

そして、会場の光も消えて、アインの所だけが光るようになった。

「今回は、この大会に参加してくれてありがとう。
君たちのおかげで、この大会は、無事に終了を迎えることができた。
しかし、今回は、まだ一回目。つまり、これから先、もっと開催していくことになるだろう。
その時にも、来てくれるとありがたい。
それでは、今日はこの帝国の食事でも楽しんでくれ。
以上だ。」

アインが、以上だ。というと、部屋の明かりもしっかりとついて、元の状態に戻った。

そして、アインは今回、最初の時とは違い、別室にいた。

(各国の王が、関係を持った今、お互いの国が遠かった場合、この場での約束を作ろうとするだろう。
そして、中には、我々に戦争を吹っ掛けるための話も出てくるだろう。)

戦争というのは、質にそんなに大差がない場合、戦略と、数による戦いになる。

(だからこそ、数が欲しいんだろう。
それに、僕も前に数で戦争したことあるしな。)

あの時には、正確には、時刻の軍がそこまで多く動員しないからだったが、それでもアインも、最近、数の暴力で、一国を亡ぼしている。

だからこそ、アインは体験談として、数の暴力のことを知っているのだった。

そして、今は、いろんな国の王たちの会話を聞いているのだが、この国に戦争を仕掛けようというのはないのだが、それでも、バルバロット帝国主導の同盟から抜けて、じぶんたちのどうめいにはいらないか?という誘いに関しては、いろんなところで見れた。

しかも、いろんなところで見れたが、すべての同盟の名前が一緒なので、裏で率いている者がいるのだろう。

(まぁ、今回参加してくれた、強国のどこかだな。)

正直、国力と、国内から見た豊かさは違う。

日本だって、軍事力を持っていないというが、世界5位の軍事力を持っているともいわれる。

しかし、日本よりも、戦争をしている国にいるほうが、軍の力を身近に感じるだろう。

つまり、アインが最近、自国軍で戦争なんかをしていないことによって、国外にあまり力を見せつけることができていないのだろう。

(演習でもするか。)

こうして、アインは次の目標を決めたのだ。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • らんすろー

    演習でレベルの高い兵士に ハーレムパーティを パワーレベリングさせる展開かな。

    2
コメントを書く