転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

終了後

その後、急ピッチで、表彰場の準備が行われ、すぐに表彰式は始まった。

「今回の大会においては、あなたたちの活躍が大いにみられ、仲間と協力する姿や、対策を練って、挑む姿は大変すばらしいものだった。
よって、今回の大会において、階層順位と、最終ボスのポイント表彰のほうを渡したいと思う。」

アインがそういうと、表彰場の裏から、大会役員が出てきて、けいひんのほうを渡した。

「今回の大会においては、君たちが何が欲しいのかわからない。
なので、簡単に言ってしまえば、金をやろう。
しかし、もしもほしいものが金で買えないような物だったら、後日大会本部のほうに連絡をしてくれ。
そうすれば、我々の可能な範囲で、その願いをかなえよう。」

実際には、アインが本気でかなえてやろうと思えば、何でも敵うのだが、さすがに今回の大会の成績と見合っていないような報酬は渡すことができないので、そこに関しては、願いを言われてから、アインが判断することになっている。

しかし、今回は初回ということで、そこまでのお願いは出ないだろう。

そもそも挑戦者のほとんどが、今回の大会を試しのような感覚で挑んできている。

それは、この大会の歴史がないことが、原因だが、だからこそ、そこまでのお願いを用意して挑んでいる人は少なかった。

彼らも本気では戦ってくれていたので、その点に関しては、特段問題はないので、別に賞金目当ての大会になってしまってもよい。

それに、簡単に用意できるという点では、金を求めてくれたほうが、何かと運営側からしても、楽だからな。

「それでは、君たちのさらなる活躍を期待する」

今回に関しての1位の判断は簡単だった。

最後まで一回も脱落せずに残っていたところが、階層順位も、スペシャルボスへのダメージ量も一番高かった。

しかし、彼らは正直に言って強いとは言えない。

それこそ、少数先鋭と言われる冒険者たちだが、あれくらいの力なら、バルバロット帝国の幹部クラスになれば、いいくらいの試合ができるだろう。

しかも、1つのパーティーを1人で相手をして、それくらいの勝負になるのだ。

(おっと、こんなこと考えている場合じゃなかった。)

アインにはまだ仕事が残っている。

まず、今回の掛け金に関して、大会のほうがある程度取った後で、残った掛け金を1位をあてた人たちに、賭けの分だけ与えなければならない。

それに、今回に関しては、まだ、誰が強いのかわかっていなかったことによって、結構票がばらけている。

結果だけ見れば、1つのチームが圧勝だったが、それでも大会前の情報では、そこまでの大差はなかったのだ。

しかし、それでも、大差がないとはいえ、情報に少しの差はあったので、あのチームの票は、他のチームよりは多くなっていたが…

(それに、配り終わった後には、各国の王族とも話さなくては。)

今回は、初めてということで、各国の王もそこまで掛け金を出していなかったが、それでも今回の大会では待ってくれれば、これから先、もっと多くの金を出してくれるだろう。

それに、今回の放送を見て、次の大会に参加したいと思う人も増えていくかもしれない。

そうやって、この大会の規模が大きくなってほしいと思いながら、アインは、各国の王が集会する会場の準備をするのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く