転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

スペシャルステージ

その後、結局僧侶の少女は脱落してしまったが、それでもしっかりと十階層に到達していたので、結果は十回層到達となっていた。

「それにしても、結構みんな頑張るな。」

そんなことを言っていたが、残っているパーティーは残り3組。

それは、最前線組と、復活組だった。

復活組に関しては、前のことを考慮して、慎重に進んでいるのと、まだまだ実力には届かないようなモンスターしか出ていないことだった。

「さて、そろそろ時間的にも、終了の時間かな。」

実際、良い感じに時間がたってきて、そろそろ帰宅しないといけない人たちも出てきた。

『さて、今回は時間の都合上、そろそろ大会のほうを終了させたい。
しかし、今のまま終わらせるのもいけないだろう。
だからこそ、今回の順位に関しては、現状の到達階層にするが、ここから催し物のほうをしたいと思う。』

そして、ダンジョン内の挑戦者は転移魔法で一つのフロアに集められた。

『ここからは完全に君たちに対しての挑戦だ。
これに関しては順位はないが、今から強力なボスを出す。
そのものに与えたダメージ量に応じて、大会本部のほうから報酬金を出そう。
この金額に関しては、基本的に与えたダメージに応じて増やすのだが、ここで一番やってはいけないことを言う。
もちろん、ダメージ量に応じて報酬金を増やすといったが、ほかのプレイヤーを攻撃してしまった瞬間に、報酬金のほうを下げさせてもらう。
もちろん、故意でなければいいのだが、故意であるかは、客観的視点から見て入れば、簡単にわかる、注意してくれ。』

この声に関しては、会場のほうの見ている人には聞こえていない。

これに関しては、挑戦者たちの志を高めるためにだけやっているので、あえて、会場のほうに流していないのだ。

それに、この声を会場のほうに流して、もしも彼らが今まで以上の力を発揮してしまっては、金に貪欲で、金が絡んでいないと活躍を全然しないような者に見えてしまう。

『それでは頑張ってくれ。』

そして、そのフロアに出てきたのは、巨大なモンスターだった。

もちろん、HPは異常に高く、絶対に倒すことはできないレベルで、攻撃力に関しても、結構高かった。

その分、素早さが遅いので、簡単によけられるし、隙も大きい。

しかし…彼の攻撃に当たってしまえば。

『やべ!よけられ!』

そして、攻撃があったてしまった男はそのまま壁まで激突してしまって、そのまま見えないところまで埋まっていってしまった。

このように、一撃当たってしまえば、簡単に脱落してしまうのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く