転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

階層到達基準

こうして、ソロそして、グループの勝ち抜けが決まったことで、ここからは彼らも参加して始まることになった。

しかし、彼らが敗者復活戦をしているうちにもダンジョン攻略最前線組は進んでいっていて、ここから追い抜くには結構な努力が必要だろう。

それに、一回でも脱落してしまっている時点で、パーティー、そしてソロにしても、何かしらの問題点はあるだろう。

しかし、罠で引っかかったのならば、今まで以上に気を付ければいいし、戦闘面だったら、それは限界ということであきらめるしかない。

それにしても、アインは少しだけ驚いていることもあった。

(最前線のパーティー…思ったよりもやったな。)

もっと早く脱落すると思っていたアインからすれば、彼らのパーティーがここまでやることに驚きが隠せなかった。

(まぁ、そろそろ限界かな?)

彼らが今、いるのは14階層。

10階層からは一階層一階層のレベルが格段に上がったので、敗者復活戦をやっている間でも、そこまでは進むことができなかったのだ。

そして、15階層。

アインは最初の大会に関しては、この辺ですべての参加者を落とすつもりでいる。

それでも、国の騎士長レベルの者が出てくれば、突破できるかもしれないが、それでも次の階層で死ぬだろう。

(確定14階層を突破できるかはわからんがな。)

しかし、それでもだんだんとダンジョン攻略は進んでいく。

さっきの敗者復活戦の時に脱落した者たちすらいる。

今、残っている組に関しては、残り5組だ。

そして、そのうち2組は敗者復活によるもの。

つまり、ここまでしっかりと残っているパーティーは3組だけになっていた。

そして、そのうち一組も全滅寸前になっていた。

「くそ!まさか前衛があんなに簡単にやられるなんて…」

「あれは一撃が大きすぎて回復ができなかったわ。」

「わかっている。どうせ、我々はもうすぐで全滅するだろう。
しかし、このダンジョンに関しては、どれだけ生き残ったかではなく、どれだけ進んだか。
リーダーたちはいないが、少しでも改装を進めるぞ。」

彼らは今、9階層にいる。

ゆっくりと進んできた彼らだったが、9階層のモンスターに前衛2人がやられてしまったのだ。

しかし、このダンジョンに関しては、入った時点で到達となる。

つまり、10階層のボスを倒せなくても、10階層にさえ入ってしまえば、10階層に到達という記録になるのだ。

「俺らの体力も限界が近づいてきている。
一気に進むぞ。」

そして、10階層に続く階段に向かっていったのだが、その間にモンスターが出てきてしまった。

「まじか!あと少しなのに…」

「どうしましょう。」

「……よし、前に立って全力で走れ。」

「そ、そんな…私を盾に…」

「そんなわけないだろう!僧侶をそんな扱いしてしまっては俺のほうが怒られるわ!
俺を信じて走ってくれ。」

そこまで言うと、僧侶の女の子も信じてくれて、走り出してくれた。

そして、モンスターの攻撃が当たる直前で。

「飛べ!」

魔術師の男が全力で風魔法を送って、すごいスピードで僧侶をモンスターたちの間を潜り抜けさせた。

そして

「魔力開放!」

魔力開放で、自分の魔力をアピールして、ターゲットをもらうこともした。

「10階層まで全力で走れ!」

その言葉を最後に、魔術師の声は聞こえなくなった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く