転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

決着

彼が放った魔力法に関しては、確かに強力だった。

それこそ、魔力で強化されている会場でなければ、山に穴をあけることができるくらいには強かった。

しかし、もう一回アインは確認をしたが、さっきまでの攻略では、このような力は持っていなかった。

(それにしても、彼は大丈夫なのだろうか。)

魔力反応はあるので、死んではいないが、今の魔力砲を食らっては、バルバロット帝国兵でも、無傷でいられるものは少ないだろう。

しかし、アインの心配は杞憂だった。

「所詮は、しっかりとためられていない攻撃。
どこかにほころびがある。」

対戦相手は、小さな光の玉を持っていた。

そして、それを握りつぶすと、今度は青年のほうが、膝をついてしまった。

「!?な、なにをしやがった。」

「何って、君が簡単に魔力砲を売ってくれたおかげで、魔力の分析ができた。
あとは、攻撃による煙が出ている間に、君から魔力を少しずつ抜き出せばいいだけの話だ。」

そう、彼は、攻撃に関しては普通に受けたのだが、魔力の中の隙間を縫って、できるだけ食らう量を減らしていたのだ。

その結果、少しだけ身にまとわせた魔力でどうにかなったのだ。

「さて、君の魔力が解析できた今、君が私に魔力系の攻撃を食らわせることはできない。」

そもそも、チャージをすべてしていなかったとしても、結構な量魔力をチャージしてしまった今、そこまでの魔力は残っていないのだが、それでも魔力を使った無謀な攻撃をしてくるかもしれないので、戦闘はできるだけ楽しみたいと思っている彼は、魔力は使うなということを警告した。

「魔力の解析ができた…そんなはずない!
僕は選ばれたんだ。
僕は確かに声を聴いたんだ。
今日、初めて魔物を倒したが、その瞬間に、確かに天の声を聴いたんだ。」

実際、アインが後で調べた結果、その声に関してはただのレベルアップを伝える声だったのだが、それでも今まで一回も聞いたことない者がいきなり周りにだれもいないのに、そんな声を聴いてしまっては勘違いを起こすものなのかもしれない。

それにしたって、レベルが少し上がっただけでこの成長は異常だと思うが、自分のこともあるので、あまりおかしいとは言えなかった。

それに、彼の場合には1つ1つのレベルアップまでの必要系健一が多かったので、これからまたレベルアップの声を聴くには結構苦労するだろう。

「僕は今!こんな場所で倒れていいような人間ではいないのだー!」

そう言って、さっきよりも多くの魔力をいきなり放出し始めた。

(まずいな。今回の会場の装置に関しては、さすがに自滅までは考えられていないぞ。)

彼は、今、自分の命を使って魔力を無理やり生み出している。

命が尽きる前に辞めてしまえば、大丈夫なのだが、基本的に自身の命を使いものに関しては、制御が難しい。

つまり、簡単に自滅していくのだ。

「魔力は解析済みだといっただろう?
無駄なことはやめるんだ。」

対戦相手の者がそういうと、少年の体から出ていた魔力が一瞬にして消滅した。

「私は、魔力を使うものには負けることはない。
私が苦手とするのは、まったく魔力を持たないものだけだ。
そして、魔力を持たない人間は存在しない。
つまり…」

そのまま彼は、魔力を失った少年を場外まで投げだした。

「人類に負けることはないのだ。」

そう言って、その部門の決勝は終わったのだった。


新作  世界最強の強くてニューゲームをよろしく。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く