転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

おかしな少年

その後も、脳筋はどんどんと上がっていったが、それでも、限界は来た。

「頭が高い。いったい誰の許しをこうて僕を上から見ている。」

それは、剣に建てを持っているような典型的な戦闘スタイルの者だった。

しかし、実力に関しては、典型的でも何でもなく、圧倒的な強さを誇っていた。

「僕は、こんなところで負けるわけにはいかないのだ。」

彼自身は、そこまで深い階層に行く前に、脱落したのだが、その時とは全く雰囲気が変わっていた。

「て、てめぇ。
あんまり俺をなめるなよ。」

脳筋も、今まで一回も使ってこなかった剣を抜き放った。

しかし、その剣は一瞬にして根元でぽっきり折れてしまった。

「な、なんで…」

「いったい何回言わせるんだ…
僕を見下げるな。」

そう言って、簡単に脳筋を場外まで突き出してしまった。

この戦闘に関しては、今までと比べても一方的なものだったので、特に完成なんかもなく、それどころか、静寂がやってきていた。

「あと1人」

準決勝が終わったことによって、彼にとっては、あと1人倒せば終わることになっている。

しかし、決勝に残ったのも今回の大会では結構な実力を見せてはいたが、トラップに引っかかって強制送還されたものだ。

しかも、彼に関してはだんだんと壁が押し寄せてくる部屋で、壁を押し続けてしばらくの間は耐えていた。

しかし、耐えることはできても、抜けだすことができないと悟ったのか、いきなり力を弱めて、自分からつぶされに行ったようなものだ。

そして決勝戦。

「僕は負けない。僕は負けない。」

そんなことを、ぶつぶつとつぶやく者に対し、

「………」

ずっと精神統一をしている者の対決だった。

『それでは、決勝戦を開始します!』

司会の言葉が会場内に響いた瞬間、いきなり戦闘は始まった。

それはぶつぶつ言っていたほうの者が攻撃を仕掛けたのだ。

「!?僕は負けるわけにはいかないんだ!」

自身の攻撃を受け止められたことに一瞬驚愕していたが、それでも攻撃の手をやめなかった。

「隙だらけだな。」

それに対して、精神統一をしていたものは、冷静に対処していき、一撃で大きな攻撃は入れていなかったが、それでも少しできた隙に付け込んで、少しずつだが、攻撃を繰り返していた。

しかし、それに気づいたうえで面倒になった青年のほうは、いきなり攻撃方法を変えた。

「僕の邪魔をするなんて…潰す。」

そして、自身の件の先に全魔力を抽出し始めた。

それが一気に放出されれば、彼自身も少しの間は動けなくなるだろうが、それ以前に超高威力の攻撃が出るだろう。

しかし、機械の判断で、攻撃によって相手を殺してしまう可能性があるものに関しては、すべて途中で発動ができなくなるような空間を作り出すようなシステムを作ってある。

そのシステムが作動しないということは、精神統一をしていた者にとっては、この攻撃も致死量ではないのだろう。

「そこまで見えている攻撃なら、私を殺すことなんかできんよ。」

「うるせぇ!」

まだ、完全には魔力がたまりきっていなかったが、それでも勝手に発動させてしまったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー313447

    自身の件の先に→自身の剣の先に

    0
コメントを書く