転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

個性

「今回の組み合わせに関しては、完全なランダムになっている。
だから、一方的に強い相手に当たるかもしれないが、それでも勝てるものは1人だけなんだから、結局は強いものを倒さなくてはならない。
だからこそ、向かってくるものすべてを倒すような勢いで頑張ってくれ。」

そして、敗者復活戦が開始された。

まず、パーティー組に関してだが、これに関しては偏っているパーティーが勝っていった。

なぜなら、何もダンジョンを知らないような商人が、ただただ冒険者ギルドで強いものを集めたようなパーティーがあるからだ。

そんなパーティーは、ダンジョンにあった罠に引っかかって脱落していったが、それでも戦闘面に関してだけを言えば、それなりに強いのだろう。

まぁ、海外の冒険者なので、そこまで正確な強さはわかっていないが、それでも戦闘面だけを重視したようなパーティーなのだから、強いだろう。

「畜生!そんな何も考えていないような脳筋パーティーに…」

相手のしっかりとした構成を組んでいたパーティーは、さすがにダンジョンを攻略するようなので、斥候なんかも入れていて、戦力に差があったので、脳筋パーティーの前にやられていった。

そう、今回の戦いに関しては、ダンジョンに向いているパーティーが勝つとは限らないのだ。

しかし、そんな脳筋パーティーであっても、あの10層のボスに勝つことはなかなか難しい。

つまり、この脳筋パーティーに簡単にやられてしまっている時点で、彼らは最高でも9階層までしか行けないのだ。

他にも、今回の戦いに関しては、他のパーティーに比べて、特徴的なパーティーだけが残っていくようになった。

「われら、瞬足の閃光。
我らに敵うものなし。」

そんなパーティーもいたが、そのパーティーに関しては、アインの方でも関心をしていた。

「すごいな。このパーティーのメンバーは普通にうちの兵に勝っている部分もあるぞ。」

そのパーティーは名前からわかるように、とにかくスピードに力を入れいているようで、スピードに関しては、バルバロット帝国兵に勝っているかもしれない。

さすがに幹部クラスになると、彼らよりも早いものもいるかもしれないが、結構アインによって強化されているバルバロット兵に1つの分野だけでも勝っている時点ですごいのだ。

「人のステータスというのは、幼いころに傾向だけは決まってしまう。
彼らは、きっと子供のころから鍛えていたのだろうな。」

本来、このような動きをする者たちにとっては、遮蔽物が多いほうが楽なのだが、遮蔽物がない状態でも、相手がまったく追いつけないような状態になっていた。

そんな彼らが何で敗北してしまったかというと、ダンジョンの中には、それなりに狭いところもある。

そんな状態で、モンスターに挟まれてしまったのだ。

このような戦い方をするものは、攻撃力が低いことが多い。

それこそ、ちまちまと攻撃をして、だんだんと体力を削っていくような攻撃の仕方をするからだ。

まぁ、それでも体力の少ない人間に対しては、結構有効的な攻撃方法だろう。

結局、準決勝には、個性の強いパーティーだけが残ってしまったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く