転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

敗者復活戦

このボス部屋に関しては、一番強いといわれていたパーティーでもあれだけの危険になっていたのだ。ほかのパーティーでは、なかなか攻略することが難しくなっていた。

しかし、そんなことで参加者をすべて、ここで落としてしまっては、文句も出るだろうし、それに、見ている側からすれば、何の面白みがないのだ。

「と、言うことで、敗者復活戦だ。」

アインは、一旦、脱落してしまった者たちを集めてから、そのように言った。

それは、もちろん敗者復活戦の合図だった。

まず、今回の大会に関して、あのボス部屋でやられた冒険者や、挑戦者は多くいた。

しかし、それでも攻略できるようなパーティーはいたし、それに、優勝候補ではないパーティーに関しても、しっかりと自分たちにできることだけを考えて、あのボスを攻略していったのだ。

「一度は、ダンジョンにやられてしまったけど、それでもなかなか満足できない人たちもいるだろう。
その人たちの為に、このような敗者復活戦の用意をさせてもらった。」

その後、アインはこの敗者復活に関しての、詳しいルールを語った。

「まず、この敗者復活戦では、ダンジョンではなく、人と戦ってもらいます。
そして、この敗者復活戦に勝った者には、自身が最後に死んだ階層からのやり直しにさせてもらいます。
ちなみに、今回は、パーティー枠と、ソロ枠をとっているので、悪しからず。」

そして、彼らはそのままアインに連れられて、ダンジョンの近くにあった施設へと入っていった。

そこは、観客席からも見ることができるのだが、そこが何かは一切説明されていなかったのだ。

『会場の皆様もご安心ください。
この敗者復活戦の映像に関しましては、すべての者がみられるようにしますので。』

そして、その施設内の映像が流れ始めた。

まだ、その映像の中には誰もいなかったのだが、少しすると、アインを先頭として数人が入ってきた。

それは、すでに現時点でダンジョンから脱落している人たちである。

「それじゃあ、この敗者復活戦に関しては、殺しに関しては禁止で、殺してしまう可能性があるような攻撃も禁止させていただく。
そのうえで、パーティー枠とソロ枠で、勝ち残った2組をもう1度ダンジョンのほうに戻してあげるということだ。」

彼らは、観客と一緒に、現状のダンジョン攻略を見ている。

つまり、彼らが脱落した階層の攻略方法なんかも載っているのだ。

「それでは、開始いたします。」

そういうと、全員に一斉に転移魔法が発動し、ランダムにステージの上に立たされるのであった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く