転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

強きチーム

その後、ボッチゴブリンはダンジョン内を歩き回り、次々と参加者を倒していきましたとさ。

とはならず、このパーティーを倒した時点で、ダンジョンの中枢のほうに送還された。

「とりあえず、お疲れ様。」

「アインサマ、アリガトウ」

まだ生まれたばかりで、一階もアインと会ったことがないボッチゴブリンだが、アインが自分の創造主ということは何となくわかっており、そして、逆らってはいけないということも分かっていた。

「これからも、今回のような役を頼んだぞ。」

アインはそういうと、ボッチゴブリンとの連絡をやめた。

正直、この7階層に介しては、ここが一番のポイントだったので、これ以上の罠などはかかっていなく、弱いけど一獲千金を狙って参加したもの以外は、基本的に簡単に通り抜けることができていた。

そして、8階層は…

「ジャングルか。
なるほどな。」

ここは、今回のダンジョン攻略で一番最初に8階層にたどり着いたパーティーで、今回の大会の優勝候補にもなっているようなチームだった。

「どうする?」

「どうするったってな。」

「とりあえず、押しとおるか?」

「そうだな。まだこの辺のモンスターでは大丈夫だろう。」

そう言って、彼らは走り出した。

この階層では、ダンジョンの世界ルートから離れれば離れるだけ強いモンスターが出ることになっている。

つまり、一直線で次の階層のほうに向かっていくのは、一番効率的なことだった。

そして、彼らには何となく、その作戦が成功することが分かったのだ。

「そうだな。それじゃあ、まっすぐ進もう。」

そう言って、彼らは自慢の身体能力を使って、どんどんとダンジョンを一直線に攻略していった。

そして、簡単に次の階層への階段を見つけてしまった。

「それじゃあ、入ろうか。」

そんな感じで、冒険には時にはごり押しが必要ということだった。

それが、一番強いモンスターがいるほうへの少しだけ補導された道を進んでしまって、はまったしまう人もいた。

「待っていろダンジョンマスター。僕は君を倒して、この世界の勇者になる。」

そんな感じで名乗っている者もいたが、そんな者たちなんかは、できるだけ補導された道を歩こうとして、簡単にモンスターにやられて行ってしまった。

「これで約半分、ここからの殲滅が本番だな。」

すでに、残っているのは、最初の人数の半数。

しかし、ここからはすべての人が比較的に強くなっているので、そう簡単に倒すことはできなかった。

そして、彼らはレベルの変更点である、10階層、ボス階に到着をした。

「それでは彼らに任せるぞ、。」

こうして、現状トップ対優勝候補参加者の戦いが始まるのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く