転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

破ぜろ

このゴブリンは、最初はすごく弱い。

それこそ、なんでこんな階層に出てくるのかを疑われてしまうほど弱いのだ。

しかし、こいつはその分、特殊な能力も持っているのだった。

「さて、誰が脱落するのかな?」

アインがそういうように、このゴブリンを使って、最低でも1人は倒すつもりだったのだ。

その後、このゴブリンは色んな冒険者に瞬殺されていった。

しかし、中には瞬殺できないような参加者もいる。

別に時間をかけてゆっくりとモンスターを倒すのがいけないわけではないのだが、今回に限っては、時間をかければかけるだけ不利になっていくのだった。

そして、その時は突然訪れた。

それは、とある新米パーティーの参加者の時に起こってしまった。

彼らにはしっかりとした実力がついているので、このゴブリンのことも簡単に倒せるくらいの実力はあった。

しかし、彼らには戦略というものがなかった。

このボッチゴブリンは、ステータスを隠す系のスキルを持っていない。

しかし、アインのほうで、1つスキルを隠していただった。

そのスキルこそが、ボッチゴブリンと呼ばれるような所以になっている。

まず、このモンスターは同類が存在しているほど弱くなってしまう。

その効果は絶大で、普通の、他に同類が存在しているときには、世界最弱レベルで弱くなってしまう。

しかし、このモンスターはもともと、最強クラスにアインが作ったモンスターだった。

そして、アインが作ったすべてのモンスターは今、参加者たちの前にいて、行く手をすごく邪魔なレベルで妨げている。

つまり、参加者たちはこのモンスターをよけることなく、簡単に倒して通っていった。

そして、さっき言った冒険者パーティの前にいるボッチゴブリンが最後の1匹になった。

「どんな戦術を試す?」

「全員で僕をすごく強化してみる?」

「でも、それって物理攻撃効きにくいモンスターには弱くない?」

そんなことを話しているうちに、ボッチゴブリンはいきなり動き出した。

「なんだ?そっちからかかってくるのか?」

さっきまで全然動く気配のなかったボッチゴブリンがいきなり動き始めたので、さすがに彼らも少しは疑問に思ったようだ。

しかし、次の瞬間には、そんな余裕がなくなっていた。

「消えた!?」

リーダーの剣士がそんな言葉を言ったとき、後方支援のヒーラーが壁に押し込まれていた。

「ッチ モテ 男 シネ オンナ ハベラセ ユルサナイ」

完全に、ゴブリンの思念が入っているようだが、それでも彼の実力に関しては本物で、最後の一匹になった彼は、このダンジョンの最下層付近のボスを任せられるほど強かった。

「き、貴様!」

剣士が怒って、ゴブリンに剣を向けようとして、自身の視線の前が剣で一瞬遮られた瞬間に、剣士の近くにいた魔術師も吹き飛ばされていた。

「ゴブリン キサマ タオス ホカノセカイノ 民ノタメニ」

そして、勇者だけは、引きずられながら倒されるという無様なやられ方で終わったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く