転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

強制帰宅

「終わったな。」

すべての暗殺者を、あの部屋に入れ終わったことによって、アインは、次のステップに移ることにした。

さっきの部屋の奥には、もう一部屋あり、とあることをし終わった後は、すべての人をそこへ連れて行ったのだ。

「さて、君たちの雇い主は誰だ?」

アインが聞くと、1人1人がしっかりと国名と王の名前を答えてくれた。

「なるほどね…まぁ、何となく察しがついていたけど。」

その国々は、いまだに同盟をどことも結んでいない国や、そもそも同盟国すべての国がやばいような国だった。

他にも、バルバロット帝国主導の同盟に自分から近づいてきて、入ってきた国に関しても、いくつかの国は暗殺者を出していた。

(これは、追放するしかないな。)

しかし、今は目の前のことに集中しよう。

「それでは、君たちにはわが軍の一部隊に入ってもらう。
まぁ、そんなこと言っても、まだ1人もいないような部隊だけど。」

それは、暗殺部隊。

今までも偵察や潜入調査の部隊に関しては、存在をしていたが、それでも暗殺はしてこなかった。

それに対して、この部隊に関しては、そのような偵察はしなく、最初から暗殺対象を暗殺するためだけに動くような部隊だ。

「それでは、君たちはいったん怪しまれないように、元の場所に戻りなさい。」

そういうと、暗殺者たちはぞろぞろと自分たちの部屋に戻っていった。

今回、アインが行ったのは、洗脳。

それも、魔法を使って脳に直接洗脳をするようなものだった。

これによって、彼らはアインに対して全く逆らえなくなった。

これまでアインがしてきた中で一番非人道的ではあるが、今回に関しては、アインは彼らを人間としてみないことにした。

それに、彼らに関しても、捕まえた後に調べて分かったことだが、家族がいるものがほとんどいない。

それに、家族がいたとしても、その家族に関しても、暗殺者である暗殺一家しかいなかったのだ。

(とりあえずは寝るか。)

そうして、アインは寝ることにした。

次の日・・・

「おはよう。昨日はよく眠れたかな?」

すでに会場には、各国の王族が集まっていた。

そして、昨日暗殺者を出した国の王族に関しては、対象が生きていることに驚いていた。

本人たちはしっかりと各隙があるのだろうかと疑ってしまうほどの動揺ぶりだが、あらかじめ暗殺は成功しないとは言ってあったのだ。さっさと発表してしまおうとアインは考えた。

「昨晩、この城の中に暗殺者が出た。
現在、この城は外からの侵入に関しては、しっかりとした警備を行っているため、外からの侵入とは考えられないだろう。
しかし、それでも現れた。
つまり、城の中に暗殺者が侵入していたのだ。大方、王族の付き人という立場の者の中に紛れ込んでいたのだろう。」

アインが、すでに暗殺者について知っていることで、彼らの動揺はさらに大きなものになっていた。

しかし、それでも彼らが簡単には口を割らないことを知っているのか、いまだに余裕そうな顔をしている国もあった。

「彼らはどこかの国の暗殺者だろう。
そして、僕はそれを調べるために魔法を使わせてもらった。
すると、彼らはあっさりと情報を吐いてくれたよ。」

すると、暗殺者を仕向けた国の王族の周りに兵が出てきた。

「今回に関しては、僕たちのほうからはとくには何もしない。
ただ、暗殺者を仕向けるような国がここにいてもらっては、他の国々は安心して大会を楽しめないだろう。
だから君たちには、帰ってもらう。」

アインがそういうと、王族の周りにいた兵たちが一斉に転移魔法でどっかに行った。

それは、その王族の自国、つまり、彼らは強制帰宅をさせられたのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く