転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

そんなこんなで、数多くの小国を味方につけることのできたバルバロット帝国だが、もちろん、今回参加していたほかの陣営に関しても、しっかりと小国の保護を目指して、積極的に会議を開いていた。

その結果、すべての国の同盟に関しては、できなかったが、それでも主催国で、参加者に自国の力を見せつけることのできたバルバロット帝国に関しては、他の国々よりも、圧倒的に多くの同盟国を作ることができた。

しかし、それでも中には、同盟を一切しない国もあった。

それこそ、アインが最初に会議をした国や、そこと同じように、ある程度の力を持っていて、現状危機にさらされていないような国に関しては、そこまで同盟を重視していなかったのだ。

他にも、自国の制度がほかの国に認められない国もあった。

その国に関しては、奴隷制度が過度に進んでおり、言ってしまえば、少しでもミスをしてしまったら、すぐに奴隷落ちするような国だった。

しかし、そんな国で自由に暮らすためには、ある程度の権限と、金を持たなくてはいけない。

そして、その場所を目指すためには多少のチャレンジ精神も必要だ。

そのチャレンジ精神のせいで奴隷落ちする人も多いのだが、そんなときにはそれこそ権力を持っている人たちが、一般市民に特に何もすることはないが、わざと目の前を通って、自分たちがどのくらいいい生活をしているかを見せつけてくる。

そんなものを、常日頃から見てしまっては、その高みへのあこがれは強くなっていくだろう。

こんな感じで、簡単にミスをする人を増やして、どんどんと奴隷を増やしていっているのだ。

しかも、ここは魔法の存在するファンタジー世界。

現実とは違って、奴隷に関しては、完全に上下関係が出来上がっているので、なかなか奴隷解放運動なんかはできないのだ。

他にも、政府内での醜い争いを続け、自国の利益よりも、自分の利益を優先するような国に関しては、同盟に入れてもらえないことが多かった。

しかし、それでもいくつかの国に関しては、その国力から誘われていることもあったが、バルバロット帝国主導の同盟に関しては、そのような国に関しては一切誘わないように徹底していた。

「それでは、今回のパーティーに関しては、ここまでにする。
明日は最高のパフォーマンスを用意するつもりなので、どうか楽しんでいってほしい。
今日は、この城で寝泊まりをしていってもらう。
ここには各国の王が集まるため、いろいろな暗殺計画なんかがあるかもしれない。
そんな事態を考慮した結果、本日に関しては、ある一定の時間から一切の部屋からの外出を禁ずる。
ただ安心してほしい。中には食事はしっかりと完備されており、風呂、トイレなんかの必需品に関してもしっかりと用意されている。
この中に暗殺者がいるかもしれないので、種は明かせないが、しっかりと皆様の安全を守ることを保証しよう。
それでは、今日の所は案内役について行ってもらって、その後自室に手明日に向けての戦略を立ててもらう。
あらかじめ、参加者のリストを配布しておく。
その中には、今回の参加者の過去の実勢機や、特徴なんかが書かれているので、それを見て、かける相手を今のうちからある程度絞り込んでおいてもらいたい。
それでは、解散。」

そういうと、バルバロット帝国のメイドたちが部屋の中に入ってきて、王族たちを案内していくのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く