転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

似たもの同士?

前回言った通り、バルバロット帝国と、その同盟国は、どんどんと小国相手に話を振っていくことにした。

今回に関しては、結構な人数の王族が参加している。

それは、あの会議の参加者である20人なんかとても目ではなく、ざっと数えても、50以上の国が参加しているだろう。

何も知らない国の大会になんで参加してくれたのかというと、今回に関しては、アインのほうが参加をするだけである程度の金を渡すことにしたからだった。

それに、今回の大会を介して、この大会にはまってくれれば、これからの掛け金次第では、十分元が返ってくるだろう。

それに、今回に関しては、来てもらうことが重要だった。

なぜなら、この国の文化は、ほかの国に比べても圧倒的に進んでいるだろう。

それこそ、この状態に同盟国の国王や王族が鳴ってもらっては困るのだが、現状特に何も関係がない国に関しては、今回の大会で、この国にはまってほしいのだ。

それこそ、自国よりも、この国に住んでみたいと思わせるほどの文化の差を見せつけるのが目的だ。

そうすれば、この国に来るという名目で、会談を要求してくるだろう。

なぜなら、何の目的もなく、ほかの国に国王が行ってしまっては、世間体が保てないからだ。

「どうも、本日は参加していただきありがとうございます。」

アインはそんなことを考えながらも、さっそく今回の大会を介して、初めて話した国王に話しかけた。

「おお、これはこれは…主催者のほうから話しかけてもらえるとは…」

「貴国のような強国の王に、私が何も対応しないわけがないじゃないですか。」

その国に関しては、前の国際会議には参加していなかった。

しかし、それは、あの爺さんの目に留まっていないだけで、アインの目からすると、この国に関しては、あのランキングの中でも、トップ10には入るだろうと思うくらいの力を持っていた。

しかも、その力を得たのは比較的最近なのだ。

「そうですな。まぁ、自慢のようになってしまうかもしれませんが、私の国に関しては、ここ最近ずいぶんな成長を告げましたから。」

「私の国もそうなんですよ。このバルバロット帝国なんて、まだ、出来上がってから10年たっていないのですから。」

「そうだったのですか…それは、なかなかすごいですね。」

「ええ、私もあなたには、近しいものを感じます。」

実際に、この2人の国の強化方法に関しては、似ていた。

2国とも、自分たちにたてつく者にはやりすぎなくらいの制裁を加え、その上でその国を併合してしまうという手段をとっている。

しかし、そこから後に関しては、早く海外進出を始めたアインのほうが今では、圧倒的に国力を持っている。

「それで、何の目的もなくて、私に話しかけてきたわけではないでしょう?」

「そうですね。単刀直入に言いたいところですが、ここでは人の目に触れてしまいます。」

実際、この2国に関しては、今回の参加者の中のトップレベルの国なのだ。

すでに、小国や、同じ大陸にある国の王族に関しては、こちらに耳を向けている。

「というわけで、とりあえずはテントの中に入りましょうか。」

そういって、2人はテントの中に入っていったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く