転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

地下の道

とりあえず、防護壁に関しては、簡単に壊せたので、多くの魔術師が帝都の中に入っていった。

「よし、それじゃあ、皆分かれて、攻めていこう。」

アインの指示に従って、魔術師部隊は、どんどんと帝都の内側に入っていった。

もちろん、帝都を守っている兵がアインたちを止めようとして、何人もやってきていたが、基本、普通の国の兵というのは、魔法が使えるものが少なく、不通に剣のみなんかで戦っているので、遠距離から魔法を撃っていれば、簡単に撃墜ができたのだ。

「よし、さらに進むぞ。」

こんなことを繰り返しているうちに、とうとう城までついてしまった。

「さて、この城はきっと一階部分に多くの兵を待機させているだろう。
すべてを倒すことも君たちならできるだろうが、それでも数が多いので、結構大変になってしまうだろう。
だから、今回は2階から侵入しよう。」

ここにいるのは、魔術師部隊。

彼らは、全員が浮遊魔法を使えるので、わざわざ敵が待っているだろう、一階から侵入するのではなく、比較的少ないであろう2階から侵入をすることにした。

(昨日の魔法で玉座の間は吹っ飛ばしてしまったし、皇帝とあの宰相はどこにいるんだろう。)

普段なら、玉座の間に向かって進んでいくのだが、今回に関しては、その玉座の間を吹き飛ばしてしまったので、皇帝がどこにいるのかわかっていなかったのだ。

(それじゃあ、探してみるか。)

そしてアインが探知系の魔法を使うと、2人の反応がこの城の地下から検出された。

(これかな?)

わからないが、とりあえず他の反応に比べて、明らかにおかしな位置にいるので、おそらくこれが2人なんだろうという前提で話を進めることにした。

「それじゃあ、とりあえず大体の者は2階から侵入。
優秀な者たちは、僕のほうについてきてくれ。」

そしてアインは、魔術師たちと一緒に、その場まで飛んでいくのだった。

「ここは…」

アインが、魔術師たちと一緒に飛んだ場所は、地下にできた抜け道のようなもので、壁には必要最低限の明かりだけがともされていた。

「なんでこれは消えないんだ?まぁ今はそんなことを気にしている場合じゃないか。」

しっかり観察をすれば、解明できたのだろうが、今回の目的はそんなことではないし、それに正直言ってずっとついている物を正直必要としていないのだ。

「よし、それじゃあ、進んでいこう。」

そういって、アインたちが進んでいくと、広い空間に出てきた。

その場所には、やはり宰相と皇帝がいた。

「な、なんなんだお前ら!」

「何って、最近できたという植民国家の者ですが?」

「いきなり国戦争を仕掛けるなど、お前たちの民意を疑う。
今すぐに謝罪と慰謝料を払ってもらおう。」

「何を言っているのですか?もともとは、そちら側が刺客を送って僕を殺そうとしたのが先でしょう?
これでも僕はこの国の王をやらせてもらっているんだ。」

「ちっ!国王だったのか。
まぁ、良い。これでも私は戦闘面でも買われているんだ。
今ここで死ね!」

そして、宰相は、魔法の中では比較的早い、雷魔法を放ってきた。

しかし…

「アイン様。」

そういって、一番近くにいた魔術師に相殺されてしまうのだった。

「貴様も魔術師を抱えているのか。」

初めて皇帝がそのような言葉を発したが、内容的に今の状況を理解できていないらしい。

「そうですね。僕の国には多くの魔術師がいます。
それを体験してください。
一斉砲撃!」

アインがそう言うと、魔術師たちが一斉に2人に対して魔法を放つのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー290688

    毎日寝る前に見させてもらっていまるのですが、とても面白いです!

    異世界小説の中で1番好き!ってくらいʬʬʬ

    少しの間だけアイン君が記憶喪失
    みたいなものが見たいです。

    これからも頑張ってください!

    402
コメントを書く