転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

亜国

さっそく、準備ができたと呼ばれたアインは、山脈近くまで来ていた。

「それで、どんな感じなんだ?」

「ええ、山脈の内側の開拓はある程度終わったので、ここからは、山脈を突き抜けて向こう側の開拓をしようとしていたところです。」

「つまり、僕がお願いしたところまでは完了したということか。」

アインは、もともと、山脈を発見した時点で、山脈内の開拓を任せ、それ以上行こうとするなら、自分に相談するようにしていたのだ。

「ええ、それに、この先はどうなっているのかを少しだけ聞きましたが、東には帝国、北には大きな森、東北には王国があるらしいのですよ。」

すでに、魔術師を使って、ある程度のことについては調べてある。

その結果、この山脈は南西の端っこにあることが分かっている。

「そうだな。それでは、とりあえずは、北と東に向かって穴をあけるか。」

それに、この山脈の向こうには、森が広がっている。

そのおかげで、帝国はこの山脈に近づけていないのだ。

「よし、それじゃあ、開けてみるね。」

そういうと、アインは山脈に向かって、レーザーを撃った。

これは、光魔法によるもので、科学によるものではないので、他にもできるものは何人かいた。

しかし、ここまでの威力を出せる人間となると、随分と限られてくるだろう。

「よし、それじゃあ、とりあえず道はあけたから、魔術師部隊はこのまま、北進と東進をして、労働者たちに関しては、森の開拓と、この山脈にあけたトンネルの整備をしてくれ。
僕の魔法で固めてあるから、山脈が崩れる心配はないよ。」

そして、魔術師たちによる、北進と、東進が始まった。

北進に関しては、大きな森の中に亜人種の村が多くあったので、その村に関しては、似たような種族を送って、何とか味方につけた。

それに、ここの亜人種たちに関しては、お互いにいがみ合うというか、干渉しあっていないだけで、別に敵対関係にあったわけではないようで、別にここ一帯を一つの国家として独立させたいといっても、賛成をしてくれた。

これによって、この、北西部には、新たに亜国というものができた。

この国に関しては、別に植民地でもなければ、属国でもないが、技術力などによって、バルバロット帝国から、多大な支援金を受けることになる。

それでも属国になるようなことはないが、それでも、バルバロット帝国に多く依存するような形になっている。

「しかし、我が国には多くの亜人がいる。
だからこそ、亜国であるあなた方とは仲良くやっていきたい。」

亜国に関しては、トップを決めないで、各族のトップとアインで相談して国の方針を決めていくことにした。

その結果、一つの民族が力を持てないようにしたのだ。

「とりあえず、中継地点は持った。」

しかし、魔術師たちに調べさせたり、衛星から確認したところ、大陸全体から見ると、この森もそこまで大きいものではなかったらしい。

もともと、この大陸には、3つの国があり、それぞれ制度が異なっているらしい。

まず、1つはこの大陸の東の下半分を持っている帝国。

そして、その帝国の北西に王国、そして北東に、共和国がある。

そして、今のところ、アインが関係を気にしないといけないは、王国と、帝国だった。

すでに、何人かの魔術師を送って、国内の情報を調べてきてもらっている。

そして、その結果によって、バルバロット帝国としての対応を変えていくのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く