転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

開拓方法

アインは、立候補者たちと一緒に、大陸の海岸まで来た。

「しかし、これは入りずらいな。」

大陸の海岸は、少しだけ盛り上がっていて、船を止められそうにはなかった。

「アイン様、我々に任せてください。」

アインに対してそういうのは、今回の入植計画での武力班のリーダーだった。

「どうにかなるのか?」

正直、アインは自分でも、どうにかなるものだが、こういう時はできるだけ部下に任せて、早めに独立できるようにしているのだ。

「ええ、少しだけ待っていてください。」

すると、船の中から何人かの魔術師が出てきて、海岸に向かって魔法を撃ち始めた。

すると、さっきまで岩で少しだけ上がっていた土地は、すべて砂に代わってしまった。

つまり、ビーチができたのだ。

「よし、これで入れるな。」

今回の入植者の中では武装集団に関しては、近接系の兵より圧倒的に魔術師が多かった。

これは、魔術師の力があれば、簡単に建物などを建てられるからだ。

しかし、それでも戦いになるときには、前衛が必要なので、魔術師に対しては少しだが、しっかりと、近接系の兵もつれてきてある。

「よし、それでは私は本国のほうに戻って、必要なものの準備をできるようにする。何か必要なものがあったら、すぐに連絡をくれ。」

そういって、アインはその場を離れた。

しかし、実際には姿を消して、空中にいるだけなので、何かしらの問題が起こった場合は、すぐに対処できるようになっていた。

「さて、皆様、今回の入植に関しては、たまたま原住民がいませんでしたが、それでもおそらくこれから先、この大陸を調べていけば多くの原住民がいるでしょう。
それに、もしかすると国家があるかもしれません。
その時にアイン様に、この土地をささげられるようにするために、全力でここを開拓していきましょう。」

アイン様のために。

これは、この国では名誉あることだ。

それに、この入植計画に関しては、アイン本人からの依頼でやっていること、教会の壊滅によって、宗教がない彼らにとっては、アインこそが信仰の対象なのだ。

「まずは、我々が暮らすために家を建てましょう。」

幸いにも、この土地に関しては全然開拓が行き届いていないので、周りには大量の木材がある。

それを切って組み立てていけば、家はできるだろう。

木を切る方法。魔法
組み立てる方法。魔法

今のところはほとんどのことを魔法で行っている。

それでは、一般人が必要なのかという問題もあるが、もちろん必要である。

基本的に、魔術師に関しては新しい土地の開拓をメインでやっていく。

その場合、すでに開拓している土地はどうするのかというと、そこで帝国のほうから連れてきている農家などを使って、維持、拡張をしていくのだ。

つまり、魔法に関しては、最初のブースト役であって、すべてを魔法で解決するわけにもいかないということだ。

「とりあえず、今は大きな宿を建てましょう。」

今回の入植に関しては、1人の人が指揮を執ることになっている。

そして、その人曰く、今日1日で1人1人に家を作っているような時間はないので、最初は大きな宿を作ることにしたのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く