転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

王国内乱編終了

「大丈夫だよ。僕のほうからは何もしないから。」

「それでは、この後はどうしますか?」

「とりあえず、王城のほうに呼ばれているからそっちに行った後に、一旦自国に帰る。」

「何かするのですか?」

「まぁ、基本的には、新しく手に入った土地や、魔国に関してのこともまだ残っているしね。」

実際には、そこまでやるべきことは残っていなくて、別に急いではないのだが、この場から逃げるためには、この言い訳がいいと思って、言ったのだった。

「それでは、この者たちに関しては、本当に何もしなくていいのですね?」

「そうだね。今回は、あらぬ疑いをかけられたから、あまりいい印象は持っていないけど、別に実害はなかったからね。」

「それでは、私たちも、仕事に戻らせてもらいます。」

そして、5人は、冒険者ギルドの中に入っていき、アインは王城のほうへと向かっていった。

アインたちが去った後に、残された白銀の旋風は、周りの視線に気が付き、そそくさと自分たちのクランハウスに戻っていったのだ。

そして、王城では。

「アインよ。どうだったかな?」

「まぁ、さすがに今すぐ見つけられるわけではないですね。」

「そうだな。それでもある程度のことは済ませてきたのか?」

「ええ、いい候補者がいたら、連絡をくれるようにお願いしてあります。」

「そうか…それにしても、思っていたよりも遅かったな。
なんかあったのか?」

「まぁ、私が魔国の管理をしていることは知っていますね?」

「ああ、人間で初めての、管理者だったな。」

「そのせいで、魔族の魔力が出ていたようで、魔力を見れるものに、ここで成敗するといわれまして、その対処に多少の時間がかかってしまいました。」

「そうか…この国でも、魔族への偏見はやめろと言っているのだがな。」

「まぁ、そんなに簡単には解けないですし、仕方ないことだと思いますけどね。
しかし、それにしても、相手の言い分も聞かないで、いきなり武力行使というのはどうかと思うが…」

「それもそうだな。」

その後は、今回の事件での功績者にある程度の権力を渡すということで、帝国兵のものにも爵位を上げたいと言ってきたので、どうしても兵士でいたいもの以外には、受けておけとアインが言って、爵位をもらった、帝国兵に関しては、小さいながらも、王国の領地を持っているので、そこの経営に専念しろと伝えて、困ったことがあったら、気にせずに帝国のほうにも相談をしてもいいということだけは伝えておいた。

「それでは、私はいったん帰りますね。」

「ああ、今回の件では、兵のほうを貸してくれてありがとう。
近々正式に礼をさせてもらう。」

「そんなこときにしなくていいですよ。
それでは、私は。」

そしてアインは帰っていった。

ちなみに、白銀の旋風に関してだが、あそこまで羞恥をさらしていたが、しっかりとした実力は持っていたので、そのままギルドで活動している。

しかし、どうしてもあの件を知っているものからの視線もあって、あまり以前のようにはいかなかった。

それに、あの件で、さらに魔族に対しての苦手意識が芽生えて、魔族の襲来があったら、すぐにでも駆けつけて、すぐにでも討伐したいと思っているのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く