転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

誰?

まず、アインは王国の王都の冒険者ギルドにやってきた。

「アイン様、お久しぶりです。」

すると、入って受付に近づいた時点で、受付嬢が気が付いて、話しかけてきた。

「今日はどんな用ですか?」

「ああ、今日は、強い人を探していてね。」

「パーティーでも組むのですか?」

「いや、そういうわけではないんだ。
ただ、今日は雇う人を探しているんだよね。」

「何かするんですか?」

「まぁ、僕自身はとくに何かするわけじゃないんだけど、やる人を探しているんだよね。」

「どんなことか聞いても?」

「いや、できればやめてもらいたい。
相手のこともあるからね。」

「そうですか…それでは、せめて、どんな人がいいかだけでも教えてください。」

そしてアインは、最低限の条件を言った。

それは、性格が穏やかであり、できるだけ、知識で今まで活躍していることだった。

「強さは?」

と、聞かれたが、正直今回の貴族募集という点では、強いほうがいいだろうが、そこまで強さは求めていない。

「そうですか。正直、商人なんかが得意なことなのでは?」

「そうだな。依頼主も、商人のほうにはすでに当たっているらしい。
しかし、それなりに人数が必要だから、冒険者ギルドからも。頭のいい人を抜きたいらしいんだ。」

「そうですね。正直に言って、冒険者ギルドが必要としているのは、強い人なので、頭だけで活躍している人を、抜いていくのはいいのですが、それなりに人数はいますよ?」

「それじゃあ、その中でも、結構頭のいい人だけを呼んでおいてくれ。」

「それでは、依頼金のほうは?」

「基本的に、ほしい金額と言っておいてくれ。
それに、依頼内容で、金が入るようになるものだから、そこまで、依頼金に関しては固執しなくていいよ。」

「わかりました。それではその内容で探しておきますね。」

「何日くらいで、見つかりそうかな?」

「依頼ボードに貼っておけば、一週間くらいで見つかるのではと思います。」

「了解。それじゃあ、一週間後に来るね。」

さすがに、次の貴族を見つけるのを、数日で終わらせる気はなかったので、一週間くらいだったら、全然待つつもりだった。

「それじゃあ、今日の所は帰りますね?」

「はい。それでは、一週間後に。」

そして、アインは冒険者ギルドから出てきた。

しかし、そんなアインでも、少しだけ問題があった。

「君がアインか?」

「ん?」

振り返ると、そこには、男2、女3のパーティーがいた。

「そうだけどなに?」

アインは、最近の騒動よりも、さっさと国内や、他の大陸への進出をしたいと思っているので、できるだけ早く、王に報告をして、早く帰りたいと思っていたので、若干気分が悪くなった。

「アインという、強いものがいると聞いていたのだが、まさか君が魔族だったとは。」

「魔族?」

「ああ、君からは魔族の魔力を感じる。」

アインは、この世界のすべての種族を合わせたような生物なので、魔族の魔力も多少はあるだろう。

しかし、それ以上に、人間やエルフなどの魔力も放っているはずだった。

「ふつうに魔族ではないんだが。」

「僕のスキルは、相手の魔力を見ることができるんだ。
君は、魔族しかもっていない魔力を持っている。姿は完全に、普通の人間の形をしているが、僕の目は騙せない。」

アインはそういわれたので、魔族の魔力を隠してみた。

「勘違いじゃないのか?」

「そんなわけ…!?」

「それじゃあ、行かせてもらう。」

そして、アインは、そのまま王城へと帰っていこうとした。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く