転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

親玉登場

個々の戦闘では、しっかりと、正規軍のほうが勝っていた。

「さすがに、正面から戦えば、勝てるか。」

そもそも、こんな作戦をしなくても、勝てはするのだが、それでも、最後の1人まで取り逃がさないことを考え3ると、こっちのほうがよかったのだった。

「しかし、こんなにも、簡単にいくとは…」

そう、この作戦は、簡単に成功したのだ。

もともと、この作戦では、ある程度の人は囲めるが、それでも、包囲から抜け出していた人がいて、その人が、兵たちの後ろから現れることを恐れていた。

しかし、そんなことはなく、多くの兵は、今回の包囲でしっかりと包囲できているし、それに、中の兵たちもだんだん倒すことができていた。

なんで、こんなに簡単に敵を倒せているのかというと、それは指揮官がいないからだ。

確かに、兵たちに、何かをしろという命令を出す人はいるが、戦場での指揮官がいないのだ。

今、彼らに出されている命令は1つ

『ほかの領地の兵と協力をして、王都を攻め落としてこい。』

こんな命令だった。

しかし、こんな命令ではできないこともある。

まず、戦場での状況整理だ。

それは大切なことなのだが、指揮官がいないため、どこで問題が起こっているのかもわからずに、自分たちの与えられた場所でのみ行動をしている人も多くいる。

もともと、これに関しては、最初のころに、補遺されていることに気が付いていればよかったのだ。

しかし、気が付いた人は、すぐにやられてしまい、この戦いでは、仲間を見るどころか、本当に仲間かお互いに疑っているような状況だったので、仲間を見るということをしていなかった。

だからこそ、気づかれないように、混ざりこんでいたバルバロット帝国兵の存在も分からなかったのだ。

しかし、とにかく今回の作戦は成功をした。

この戦闘によって、敵軍は半数以上はしに、残った兵たちも、降伏をしただけで、王城の牢獄に叩き込まれていた。

「しかし、こんなに簡単に終わることはないだろう。」

確かに、今回の進撃は大量の兵が集められていたが、それにしたって、兵の練度が低すぎると思った。

そして、そんなことを考えていると、遠くのほうからまた大きな足音が聞こえてきた。

今度は、さっきほど人数は多くないが、それでも、わかりやすく変わっていることがある。

それは2点変わっていた。

まず、1点目は、兵だ。

明らかにさっきよりもガタイがよくて、力のある人たちがいた。

そして、さっきの人たちに比べて、覇気まで結構変わっていた。

そして2点目は、戦場にふさわしくない馬車だ。

それは、華美に装飾をされており、あからさまに貴族が乗っていることを表していた。

「ついに親玉の登場か。」

アインはそういって、その軍も迎え撃つのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く