転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

王都への進軍

そして、結構多くの時間がたち、とうとう、カイゼルたちは、行動を起こそうとした。

幸い、貴族の数は多くいるので、行動を起こせば結構大きくなるだろう。

それに、下級貴族の中には、領地を持っていない者もいるが、例外的に、しっかりと多くの領地をもっている人もいる。

その貴族が動けば、多くの国民に影響が出るだろう。

「だからこそ、我々は今までの人とは違い、しっかりと国に影響を残せるほどの力で、反乱を起こすのだ。」

今回の考えに賛成してくれた貴族の前で、カイゼルは、このようなことを言った。

「今こそ、私たちが動かなくならなければならないのです!」

カイゼルがそういうと、その場にいた貴族たちは賛同の声を上げた。

「それでは、これから始めていきましょう!
我々がこの国の歴史に名を残すのも近い!」

実際に、もしも、この反乱を起こせば歴史には名が残るだろう。

それは、勝てば、英雄。

負ければ、反乱軍。

自信の評価を保つためにも、国に革命を起こすためにも、彼らにとっては、最重要な革命なのだ。

「それでは、これから作戦を開始しよう。」

そして、彼らは、それから数日後に、行動を起こした。




数日後~

「今回の革命では、我々の人生がかかっている。
そして我々は、この戦いが終わった後に、お互いに敵同士になる可能性をもある。
しかし、今は味方。
そして、もしも、将来、敵になったとしても、皆、それなりの地位につけているだろう。
つまり、この戦いで我々が勝てば、ここにいる人たちは得るものしかないということだ!」

そういったのち、まず、国のほうに訴えが通じなかったことを確認した後、各貴族の兵を使い、王都のほうへ向かった。

しかし、こんなに多くの貴族が集まっていることは、もちろん王都側にも伝わっている。

だからこそ、王都側にも何もしていないわけではない。

まず、都民を家の中に対比しているように、連絡した。

その後、バルバロット帝国の兵と、王国の兵を王都の外側に配置し、死角がなくなるようにした。

しかし、今回の作戦では今までと違うことが起こっていた。

それは、アインが用意したバルバロット帝国兵の存在だった。

ただの革命だったら、兵量によって、もしかすると反乱軍のほうが勝っていたかもしれないというレベルで、互角だっただろう。

しかし、今回のはアインが自分の兵を用意して、王国兵と一緒に行動をすることにした。

バルバロット帝国は、アインがあまりひどいことをやらないだけで、基本的には独裁政治だ。

だからこそ、今回のようなアイン個人で起こった時には、兵を簡単に派遣できるようになっていた。

そして、今回の兵の異常性はほかにもあったのだった。



「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く