転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

下級貴族の支持

しかし、まずいな。

これが、カイゼルが思った印象である。

なぜなら、アインに関しては、国民からの支持が思っていたよりも高かった。

これでは、なかなか彼を結婚の場から引きずり落とすのはつらいだろう。

「しかし、今回の件で、知れたこともある。」

それは、アインが作ったバルバロット帝国がまだ出来上がってから、年数がたっていないことである。

王国の貴族の中には、歴史を重んじる貴族もいる。

そんな貴族たちが、まだ歴史が全然ないアインの国との王族との結婚は快く思わないだろう。

それに、そんな国の王族と結婚すれば、自分たちの国の評価まで下がってしまうかもしれないと危機感を抱く者もいるだろう。

実際、アインがほかの大陸を見つけてからは、この国の貴族たちも、できるだけ他国に自分たちそして、自分はこんなにすごいんですよ。というのを見せつけるようになった。

その結果、今まで以上に、外見にこだわることが多くなったのだ。

「それを使うしかないな。」

そして、この国での調査があまり意味がないことも分かった。

きっと、この支持率なら、誰に聞いたって同じような回答が返ってくるだろう。

だからこそ、彼は、アインの弱点を見つけるよりも、自国内で多くの見方をつけることが重要だと思ったのだ。

「帰るか。」

そして、彼はあっさりと帰り、自分が親しく、そして性格上、今回の結婚に反対していそうな貴族をあたっていった。

もちろん、賛成してくれない貴族も多いが、それでも、反対の貴族のほうが多かった。

今回の件での、反対意見の大半は、自分も狙っていたや、どこの馬の骨ともわからない奴と王族が結婚していいのかという意見や、急な発表につき、こちら側に情報を与えないようにしている点から、何かしら問題(国が乗っ取られ始めている。)などの可能性を指摘してきていた。

(それにしても、みんなの主張は全然違うが、それでも結構な人数が賛成してくれたな。)

これだけの貴族が集まれば、王族のほうも考え直すだろう。

今回参加してくれたのは、伯爵以下の貴族だけしかいなかったが、だからこそ、数だけは多くそろえられた。

伯爵以下しか参加してくれなかった理由は、おそらく、それ以上の貴族たちは、自分たちの今の地位に満足しているのだろう。

今回は王族にケンカを売るような行為なのだ、満足している身分を捨ててまで、結婚を阻止したいと思っている者はいなかった。

「しかし、まとまりが取れないな。」

多くの人が参加はしてくれたが、全員がそろって、王都へ行くことなんかはできなかった。

だからこそ、今回に関しては、署名という形にしてもらった。

署名に関しては意外と早く集まった。

「それでは行くか。」

こうして、カイゼルは、王都の王城へと向かっていったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く