転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

自信の根源

「なるほどな。つまりこの国の彼の人気は偽物ではなかったと。」

あえて、カイゼルはマスターの目の前でそのようなことを言った。

「まぁ、狂信的な人は少ないが、それでも嫌いという人はなかなかいないんじゃないのか?
それこそ、敵国だったら、大っ嫌いだろうが。」

この国が圧倒的優位を取っている原因はアインだ。

だからこそ、この国に敵対心を持っている国にとってはアインは最も憎い人物なのだ。

「それで、今回の結婚に関しては知っているか?」

「まぁな。国のほうが正式に発表したわけではないが、隣の王国からの情報はよく入ってくるしな。」

現状、バルバロット帝国ではまだ、結婚に関しては、発表をしていない。

しかし、隣の国である王国ではすでに発表がされているので、この国にも情報は入ってきているのだ。

「それで、ここの国民は、結婚に関しては賛成なのか?」

「まぁ、早い結婚ということで、異例であることはみんな分かっているのだが、別に今回の結婚を妨害したい理由もないし、それに、リリス様に関しては、結構前から婚約はしていたからな。
国民にとっては、やっと結婚するんだくらいの気持ちだよ。」

もともと、リリスとの婚約は国民のみんなも知っている。

それは、もともとアインが貴族だったころに決まったことなので、隠す必要もなく、逆に隠しているとやましいことがあるのではないかと思われてしまう可能性もあったので、予め公式に発表していたのだった。

「そうか…まぁ、簡単に行ければいいのだがな。」

「なんだその意味深な言い方は。」

マスターは若干不機嫌になりながらも、しっかりと要点を聞いてきた。

「簡単な話だ。
リリス姫は、国の中では結構有名でな。
長女ではないが、しっかりと王位継承権はある。
そして、出世欲の強い貴族も多い。
つまり、今回の結婚を聞いた後でも、結婚を妨害してくる貴族がいるかもしれないということだ。」

「しかし、一回結婚を発表した人の結婚を取り消そうとする奴なんているのか?」

「いるだろう。なぜなら、貴族は今まで人々の上に立ってきた者たちだ。
そして、今回の結婚を妨害するものに関しては、きっと今まで障害をあまり受けてこなかったものだろう。
だからこそ、今回の結婚に関しても、リリス姫の結婚を地震に向ける自信はあるだろう。」

カイゼル自身も同じことをやろうとしているのだが、他のものと違うのは、自信はないことだ。

「なるほどな。しかし、そう簡単にはいかないと思うが。」

「そうだろうな。しかし、簡単だと思っている者もいるのだ。
そして、彼らの一番の怖いところは、自信がありすぎて、たいていのことは許されると思っているところだ。」

実際、貴族の上層部は今まで怒られたことが少ないので、何でもできると思っている貴族も多い。

これは、この国が腐っているのではなく、どの国にもこういった貴族は絶対にいるのだ。

「だからこそ、彼らがどんな結末に陥るのかを、市民たちは、楽しみにしているのだ。」

こうして、最後まで取材をしている体を装ったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く