転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

結婚の理由

しかし、相手大きさを知ることが出来たが、アインをどうやったら倒せるかなどは、全然思いつくことは出来なかった。

「それにしても、隣国の王か…」

「ええ、それもこの国よりも発展していると呼ばれている。」

「そうなのか?歴史は浅いとさっき言っていたが。」

「その話しも本当です。
例の、アイン王が、魔法による技術革命をどんどんとおこなっていったため、あの国の技術は、この国では再現すら出来ないレベルにまで上がっています。」

「そんなにすごいのか…」

「ええ、私も、船に乗って、海外なんかに行って、外国に観光をしていた時期がありましたが、この国は結構発展しています。
それこそ、他の国とは大差があるレベルで発展しています。
しかし、そんなこの国よりもさらに進んでいるのが、バルバロット帝国なのです。」

「バルバロット帝国?それが、隣国の名なのか?」

「あ、伝え忘れていましたね。
そうです。その国の名は、バルバロット帝国。
世界から見ても、歴史はとても短く、それに対して、経済力と技術力は、世界1かもしれないと呼ばれている国です。」

「しかし、王族も、良くそんなものと結婚しようと思ったな。」

「と言いますと?」

「いや、王族同士の結婚と言うのは、その多くが自国の力を高めるためにやる。
そして、良く起こるのは、同じくらいの力を持っている国同士での、王族同士の結婚だ。
なぜか分かるか?」

「いえ…自国よりも大きな国の王族と結婚したほうが、進展できそうだと思っているのですが…」

「確かに、大規模な発展に関しては、大国の王と結婚したほうが良いだろう。
しかし、それには問題がある。
それは、力の差によって生じる、上下関係だ。」

「上下関係ですか?」

「ああ、力のある国と、力の無い国では、基本的に話し合いでは、力のある国のほうが主導権を持っている。
同じくらいの力の国同士であれば、平等な話し合いで終わるが、力の差が生じている国同士での話し合いと言うのは、力の無いもの側に多くの利点を提供しておきながら、相手も多くのリターンを要求してくる。」

実際、そのようなことは過去の事例にもあったので、そうではないとは言い切れないような無いようだった。

「その問題も大丈夫だと思うんですけどね。」

「何でだ?」

「元々、この2人に関しての結婚に関しては、恋愛結婚で結婚しようとしていたそうですよ。
そして、アイン王が、隣国の王、正確には皇帝になったので、大々的に発表できるようになったのですよ。
だからこそ、今回の結婚に関しては、速めに公開したのではないかと言われています。」

それと、もう1つの理由があった。

アインが皇帝になったから、結婚を発表しやすくなったと言うのも本当なのだが、もっと現実的なことを言うと、アインの作った同盟にいる国との、貿易を本格化したかったのだ。

今でも結構やっているのだが、それでも、普通の貿易レベルだ。

しかし、この同盟の大元であるアインの国との正式な王族婚姻の件が解決できれば、アインの国とも、その同盟国とも本格化できるからこそ、早めに結婚を完了させて起きたいのだった。

しかし、そんな同盟のトップであることを知らないこの2人はその理由も知らなかったので、まだチャンスはあると思っていた。

しかし、そんな2人でも、恋愛結婚の間に入ろうとするのは、気が引けていたのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く