転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

正体

確かに、最初の方はばれていなかったが、そのうちばれるようになってきた。

「どうしたのですか?
宴会に参加しましょうよ!」

「してますよ。
何回か、食事も取りに行っていますし。」

「そうなんですね。
でも、やっぱり中心のほうに行きましょうよ~。」

若干酔った人にこのように言われてしまった。

しかし、彼は分隊長がいることに気がついているので、出来るだけ村の中心には行きたくなかった。

「それじゃあ、後にあったら行きます。
私は出来るだけ1人が好きなので…」

そういったごまかしで、一旦その人をまくことができた。

しかし、彼が客人ということは、村中の人が知っているので、彼を何とかして、町の中心に引っ張り出そうとする人も増えていった。

そして、それはだんだんと収集がつかなくなった。

「行こう。行こう。中心へ!」

「行こう。行こう。中心へ!」

このように村人にコールされてしまった。

そして、分隊長は。

「彼は何なのだ?」

「ああ、彼ですか?
彼は貴方が来る前に、ここにやってきた旅人です。」

「そうか、彼が…」

村長に話を聞いて、彼が来客だと知った。

そして、彼自身は何か違和感を感じていた。

(何か分からないが、それでも何かしらの違和感を感じる…)

それは、長年分隊長をやってきて、培った勘であり。

精度はそれなりに高くなっていた。

(彼を少しだけ集中してみるか…)

彼には、鑑定のスキルもあったが、さすがに初対面の人をいきなり鑑定するのも失礼だし、
それに、相手のほうが力量が上だった場合、鑑定をかけられたことに、気がつく人もいる。

この国の分隊長である、彼よりも強い人がそんなにいるのかといわれれば、少し、言葉がにごってしまうが、それでも確実にいる。

それは、彼の上にいる総隊長や、他の分隊長以外にも、冒険者や旅人、それに、探検家などにも、彼より強い人は存在しているのだ。

だからこそ、彼は一応念のためとやっていなかったのだった。

しかし、何人もの村人に誘われても、かたくなに中心に来たがらない旅人に、ちょっとした嫌な予感がしてきた。

(まさか、盗人か?)

盗人だった場合、出来るだけ多くの人に顔を覚えられてしまうことは、避けたかった。

しかし、村人が執拗に誘ってくるので、断っているという発想になった。

(盗人の中にも、私より強い者は存在しよう。
しかし、そんな事言っていては、彼が行動を起こしてからの対処になってしまう!)

こうして、彼は鑑定を使った。

そして、確実に見てしまった。

何回も見返してしまった。

しかし、それは幻ではなく、現実だった。

そこに書かれていたのは、職業:貴族
装備品:『伝説シリーズより数点』

彼が貴族であることと、持っているものが全て、伝説のものだと知ってしまったのだった…

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く