転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

先祖の時代

中は真っ暗だった。

「な、何なんだこれは?」

「分かりませんが、少なくとも、今までとは何か雰囲気が違いますね…」

すると、部屋の奥のほうから、声がしてきた。

『生体反応を確認。
これから、所有者の確認に入ります。』

すると、前方から赤い閃光が光ってきた。

「な、何なんだこれは…」

その光が体に当たっても、何も変化が起こらなかった。

しかし、声の反応は変わった。

『生体反応の分析中……
完了。
この部屋への入室が許可されし者は、1名。
もう1名を排除します。』

そして、部屋の四隅から、剣が飛び出てきた。

領主は、見えていなかったが、それでも音で何かが高速で体の近くを通っていることが分かったので、身の危険は感じることが出来た。

(嵌められた!?)

そう思ったのだが、しばらく経って、自信が何も食らっていないのに、音がやんだことが分かったのだった。

(な、なんだったんだ?)

しかし、音がやんで、しばらくしてから、部屋の中に、光が差し込んできた。

(な、なんだったんだ?)

しかし、何が行われていたかは、すぐに分かることになった。

「お、おい。いったい何があったんだ?」

領主が従者に聞いたが、返事は何も返ってこなかった。

「どうしたのだ?」

そして、彼が元々、従者のいたほうを向くと、そこには木っ端微塵になった肉片があった。

「お、おい。
まさか…」

『真なる所有者よ。
汝がここに訪れたということは、我が一族に何かしらの問題が起きたのだろう。
しかし、安心しろ、お前の先祖は、力強きものだ。
そう、私はかつて、この国で英雄と呼ばれし者だ。
私はかつて、他国の兵に文字通り一騎当万をやっていた。
そして、私は武器などのアイテム作りに関してもある程度の才能があった。
だからこそ、我が一族は途絶えてはいけない。
血が薄まったとはいえ、私の子孫なのだ。
簡単に死なれては困る。
だからこそ、汝には我が作ったアイテムを授けよう。
鑑定でもして、自分にあったものを選べ。
このメッセージの終了とともにロックを解除しておこう。』

そう言った後、声は聞こえてこなくなってしまった。

そして、からは気がついていないが、来るまでに、勝手にアイテムを取ろうとしていては、防衛システムに殺されてしまっていたのだった。

「な、なるほどな…それでは、アイテムを取っていくか…」

しかし、彼には鑑定のスキルは使えなかった。

なぜ、先祖様が自身の血を含んでいない者を殺したのかというと、先祖は自身の血を含んでいないものは、勝手についてきたものであって、彼を助けるための人とは思わなかったのだ。

それもそのはず、彼の時代では、鑑定のスキルを使えないものなどいないといわれているほど、全人類が今以上に平和ボケをしていないで、完全に訓練をしていたのだった。

女であっても、鑑定なんかは、10歳になるまでには覚えているような必須スキルであったのだった。

「し、仕方がない。
もしかすると、ここから一旦出てしまっては、また最下層まで潜らなくてはいけなくなってしまうので、自分で取っていくか。」

そして、彼は階段に戻って、適当にアイテムを持っていくのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く