転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

アイテム

そして、下っていった先には、大きな扉があった。

「これが入り口ですか…
これは開くのですか?」

「ああ、この扉に関しては、中のものが、腐らないように部屋全体に魔法がかけられているらしい。」

「腐るって…まさか生物兵器も?」

「さぁ?中身に関しては全然教えてもらっていないから知らん。」

実際に、この部屋に入った人というのは、しばらくの間いなかったので、すでに中身が何かなど、伝えられていないのだった。

「そうですか…
まぁ、中に入れば分かりますね。」

「そうだな。」

そして、彼らは扉に手をかけた。

元々、この扉はさっき言ったように、中のものを守るようなので、扉に鍵はかかっていなかった。

「これは…」

中に入ると、さらに地下に続く階段が続いていた。

「何だこれは?」

「また、階段ですね。いったい何が目的なんでしょうか…」

「しかし、これを見てみろ。」

その階段の側面には、いろいろなアイテムがかかっていた。

「これは、例の宝物でしょうか?」

「そうだろうな。
しかし、このアイテムが何なのかわからんな…
お前、鑑定の魔法を使えるか?」

「まぁ、少々ですが使えます。」

「そうか…それでは、使って調べられるものに関しては調べていってくれ。」

「分かりました。」

そして、彼は階段の壁につけられているものを片っ端から調べていった。

「これは…すごい。」

「どうしたんだ?」

「いえ、基本的に全ての物が、我が国内で作れるものが少ししかいないといわれている品物ばかりですよ。」

「そうか…その中でも、使えそうなものは覚えておいてくれ。」

さすがに、全てのものを運び出すことは出来ないので、中でも使えそうなものだけは覚えておいて、持ち出すことにしておいたのだった。

そして彼らが、下に進んでいると、あるところで壁の色が変わった。

「なんか…変わりましたね。」

「ああ、ここからも、注意深く行くぞ?」

そして、ここでさらに鑑定を使うと、あることに気がついた。

「!?何だこれは!」

「ど、どうしたんだ!」

「いえ、さっきよりも、明らかにアイテムのランクが上がっているのです!」

実際に、今近くにあるアイテムは、今では作れないようなものばかりであった。

「しかし、何でこんなものがいっぱいあるんだ?」

「分かりませんが、それでも運が良かったじゃないですか…」

「そうだな。」

そして、彼らはどんどんと地下に下がっていった。

「さて、ここが最後かな?」

そして、階段をおりきったところで、大きな扉があった。

「これが最後かな?」

「おそらくは…」

「それでは中に入るとするか。」

そして彼らは意を決して、中に入っていった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く