転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

即席作戦

(さて、どうしたもんか…)

当初の予定では、ここでこの兵が、門を閉めて、したの人たちに協力をしてもらいながら、城壁の上から下りるという計画だった。

しかし、先輩が残ってしまったせいで、それが出来なくなってしまったのだった。

(まずいな。多分下には僕を待っている冒険者がいるだろう。)

今回は結構高いところから落ちてくる男性を受け止めなくてはいけないので、男の冒険者がスタン場っていたのだった。

(先に彼らを行かせるか?しかし、それでは私が出て行く方法がなくなってしまう。)

この領地内の兵は、基本的に街のどこを歩いていても、文句を言われるようなことはないが、逆に1人で街を出て行こうとすると、一般人よりも疑われる。

それは、単純に、街を守るために存在している兵が、何故外に行くのか…それは仕事を放棄していないか?

という考えがあるので、兵というのは、何かの任務がない限り基本的に外に出ることが出来ない。

しかも、冒険者とは違い、その任務を自分から受けに行くこともできないので、もしも、この機会を失ってしまったら、領主から首にされるか、何かしらの命令が出てくるまで動けなくなってしまうのだ。

(それはさすがに、避けたい。)

元々、問題が発覚して、まだ時間が経っていないからこそ、このようなことが出来ている。
これから先は、時間が経つごとにこの街は混乱に陥っていくだろう。

(そのためにも、今のうちに逃げ出すしかない。)

しかし、さすがに先輩の兵のほうが強いので、力ずくでは、どうしようも出来ない。

かといって、一瞬の隙を突いて逃げても、すぐに他の人にも報告をされて、もっと多くの兵が追ってきてしまうことになるだろう…

(ん?もっと多くの兵が追っていく?)

ここで、この兵は1つの作戦を考えた。

しかし、この作戦は成功する確立も少ないし、それに、多くの場所で運が必要になってくる。

しかし、今のまま何もしなくては、事態を動かすことが出来ないので、その作戦に頼ることにした。

それは…

「先輩。」

「何だ?」

「向こうの西門付近に何か見えませんか?」

「西門付近だと?」

「ええ、なんか動いているものが見えるのですが…」

良く見ると、西門付近には、動いている何かがあった。

「何だあれは?」

「分かりませんが、抜け出そうとしていません?」

どんな技術を使っているのか分からないが、その影は、城壁の何もない場所を垂直に上昇していっていた。

「まぁ、あれは向こうの兵が何とかするだろう。」

そう思っていたが、その動くものが城壁を完璧に越えてしまっても、西門のほうの兵が動く気配が無かった。

「先輩!これってまずくないですか!?」

「ああ、結構まずい。何やってんだ、向こうの兵は!」

実際、西門の兵が動かなかった理由は、そんな物はなかったからだ。

あの動く影というのは、相手にちょっとした、物を見せるくらいしか出来ないが、それでも一応、黒魔法に入るものだったのだ。

本来、一流の黒魔法使いが使えば、異形の怪物が目の前に出現するなどの幻影を見せることも出来るが、彼はそんなに魔法の腕はよくなかったので、その程度が限界だった。

しかし、今回はその限界に助けられていたのだった。

そんな事も、知らない先輩はすぐに本部のほうに連絡に行った。

「先輩!私は奴の後を追います!」

「ああ、さすがに厳しいだろうが、出来るだけ捉えておいてくれ!」

そして、先輩が完全におりきった時点で、この兵は、門の外側に降りるのだった。

まさか、先輩も、本当にこの町から出て行く人がこんなにも近くにいるなんて事は考えなかったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く