転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

領内放送

アインが向かった施設とは、通信施設だった。

「アイン様、おかえりが早かったですね。」

「ああ、ちょっとやらなきゃ行けないものがあるしね。」

アインが帰ってきたことを察知して、エリがやってきた。

ちなみに、この施設は地下にあるので、アインの城のセンサーに引っかからないのだ。

「そうですか…それにしても、この機械を使ってなにをやるのですか?特に報告しなくては行けないことなんかないと思うのですが…」

「それは、前までの話でしょ?
最近この国の兵を使って、あることをしたじゃん。」

「確かにやりましたね。」

アインが言っている、やったこととは、この国の映像を他国に流すための装置の設置だった。

この装置を使えば、今アインの目の前にある機械に流す映像が、その装置の上空に向かって流されるのだ。

そして、アインは今、あの貴族の失態を全て写した映像を持っている。

だからこそ、アインはこの映像を利用しようと思ったのだ。

「アイン様、それで映像は?」

「ああ、それはここにある。」

そしてアインは、自分の持っている映像を機械の中に流した。

「よし、これでもいつでも流せるな。」

「それで、どの広さで流すのですか?」

流石に、国の全てに流すわけにもいかないので、アインは、どの範囲に流すかを決めなくてはならないのだ。

「どれくらい必要かな?」

「少なくとも、その貴族の領内と王都には必要でしょう。」

まず、その領内で、流すことによって、その貴族の信用を落とす。

そして、王都に流すことによって、一番人が集中している都市の人の信用を落とし、そして、王都にいる貴族にもアピールができるのだった。

だからこそ、必要最低限流さないといけないのは、この2都なのだ。

「一応、この2都以外にも流しておきますか?」

「そうだね。
もしも、今回のことで、この領内から逃げ出した人がいたとして、他の都市にこのことが知られていなければ、簡単には受け入れてもらえないだろうしね。」

そういうことで、今回はその領地の周りの領にも放送をすることにした。

「よし、それじゃあ、流そうか。」

そしてアインはお昼の時間の後になり、人が一番外になるような時間になってから、映像を流し始めた。

「さて、どうなるか…」







一方、あの貴族の領内では…

「た、大変です!」

「何なんだ。騒々しいな。」

「領内のいたるところの空中になぞの映像が発生!
領民は皆。それを見て、驚いています。」

「空中に映像だと?そんなもん出来る訳ないじゃないか。」

この貴族は、そんな技術がないと言い切って、その話を信じなかったのである。

「せ、攻めて外に出てもらえれば…」

「私は忙しいのだ!朝から私をいらいらさせてくるやからもいたのだから、今日の私は機嫌が悪いのだ!
それ以上言うなら、首にするぞ!」

こういって、まったく兵の話を信じなかったのである。



昨日は、文化祭の準備の疲れで寝てしまって、投稿できませんでした。
申し訳ございません。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ただのエロマンガ先生好き

    文化祭の準備お疲れ様です!
    疲れたまま作っても面白い作品はできないと思うので疲れた時は休むのも大切だと思いますよ!

    3
コメントを書く