転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

衝撃の1日

「それで、それだけのために来たの?」

リリスには、何も伝えていないので、それだけだと思われていた。

「いや、本当は他にもあるんだ。」

「何?」

そして、アインは本来の目的についてを言い出した。

「今回の事件で、セシリアとのことがあるから、結婚を早めることにしたんだ。
そして、3人を差別する訳にも行かないから、全員の結婚を早めることにしたんだ。
だから、もう結婚しよう。」

アインのそんな発言に、リリスは

「え?」

固まってしまった。 

[あの~。大丈夫?」

そんなアインの言葉は、リリスの耳には入っていなかった。

「お~い。」

いくら声をかけても、反応が無かった。

「う~んどうする?」

セシリアがそう言って来たが、アインは…

「しばらく待とう。今結婚についての質問をしたってだめだろう。」

現状、リリスはいきなりの、結婚発言に、頭の中が真っ白になっていた。

こんな状態のリリスでは、まともな判断は出来ないだろう。

「それに、今のリリスに、結婚して良いかを聞いて、良いといっても、もしかしたら、正気になった後で、後悔するかもしれないしね。」

そう、現状はまったく正常な働きをしていないので、今、何かしらの質問をしても、全てはいで帰ってくるかもしれないのだ。

しかし、そんな状態での質問で今後の人生を大きく変えるようなことを決めてしまっては、本人に後悔が残ってしまう可能性があるので、アインたちは待つことにした。

そして、10分後…

「え。あ~、うん。そうだね。」

リリスは何とか、正気を取り戻し始めたらしい。

「大丈夫?」

「うん。大丈夫だよ。うん。」

若干、まだだめな部分も歩きがするが、それでも、しっかりとした判断が出来るまでには回復したので、話を進めることにした。

「それで、結婚ってどういうこと?」

「元々婚約は決まっていたんだが、それを今回の事件をきっかけに早くしようってことなんだ。
まぁ、こんなに早く結婚するのは王族としては珍しいかもしれないけど。」

「まぁ、結婚に関しては、前から決まっていたことだから大丈夫だけど…」

リリスにとっては、今日は、いきなり友人と婚約者が来たと思ったら、衝撃的なことを言われ、その後に結婚の話をされているので、驚いてしまうのも無理は無かった。

「良かった…それじゃあ、後は王様だね。」

「そうだね。」

「問題点は2つだね。
1つは、セシリアとのことを言うか。
2つ目は、この早い結婚を認めてくれるか。
だね。」

「1つ目に関してはどうする?」

「う~ん。僕は言わないほうがいいと思っている。
だって、親にはさすがに言わなくてはいけないと思うけど、今回のような内容は、さすがにいろんな人に言って良いことではないと思うし。」

「そうだね。それじゃあ、言わないとして、2つ目はどうする?」

そう、2つ目が一番の問題なのだ。

一国の王女をこんな早い段階で他の国に渡してしまっても良いのかという問題もあるし、それに、娘をまだ放したくないと言い出すかもしれないのだ。

「まぁ、これに関しては僕たちにはどうしようもできないし、行くしかないよ。」

そう、人の気持ちを変えるなんて、そう簡単に出来る訳がない。

だからこそ、行くしかなかったのだった。




はぁ~。
1400文字のデータが吹っ飛んで、やり直しました。
なので、少し話がぐちゃぐちゃになっているかもしれませんが、よろしくお願いします。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く