転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

リリスによる説教

そして、動き出すことにしたアインだが、まずは国王のほうにも報告に行かなくてはいけなかった。

「さて、2人とも、次がとりあえず絶対行っておかなくてはいけない場所最後だけど、王様はなんていうかな。」

「普通に応援してくれると思うけど…」

「まぁ、そうなることが一番良いんだけど、リリスと、王様は何も知らないからね。」

今回、アインの家に残ったのは、セシリアとシルクだけなので、リリスは何が起きているのか知らないのだった。

「それに、今回のことをはっきり言ったほうが良いのかも気になるし。」

現状、この3人がしゃべらなければ、ばれることはないだろう。

2人の親も、わざわざ今回のことを直接王に報告することはないからだ。

だからこそ、当事者である3人が黙ってさえいれば、ばれることはないのだ。

しかし…

「でも、今回のことに関しては話したほうが良いんじゃない?」

「やっぱりか~。」

今回の事は、隠しておいて良いレベルの話ではないからだった。

だからこそ、今回はしっかりと話すことにした。

「でも、まずはリリスのほうからのほうが良いよね?」

それでも、いきなり2人に言う訳にもいかないので、3人はまず、どうにかしてリリスと話せる状況を作って、先にリリスを説得してから王に言うことにした。

「とりあえず、ここで悩んでいてもしょうがないから、一回王城の前まで行こうか。」

そして、アインの転移魔法によって、3人は王城の前まで飛んだ。

「おや?これはこれは、アイン様、セシリア様、シルク様、今日はどのようなご用件でしょうか?」

さすがに、王城の門番も、アインの顔を覚えていたらしく、今回に関しては、王城の前でつかまるということにはならなかった。

「今日は、ちょっとリリスと話したいことがあってね。」

「そうでしたか…本来、王族との会話は事前に申請しておかないと出来ないのですが、あなた方なら大丈夫でしょう。それでは、案内します。」

そして、3人は門番の人が呼んだ、案内人に連れられ、リリスの部屋までやってきた。

「リリス?今って大丈夫?」

アインがそうやって聞くと、リリスは声から、アインだと分かったので、すぐに返事をしてくれた。

「あ、はい。大丈夫です!」

それでも、アインはリリスが扉を開けてくるまで待った。

すると…

「入って~。」

リリスは扉を開けてきた。

そして、中に入ると、アインだけは正座をして、他2人は立ったままでいた。

そんなアインをもちろん、リリスは怪しんだ。

「どうしたの?」

「いや…今日は大事な話があるんだ。」

そして、アインは、リリスが帰った後に何が起こったかについてをしっかりと離した。

すると…

「ねぇ。2人とも。どういうことかな?」

リリスが起こったのは、セシリアとシルクのほうだった。

なぜなら、基本的に抜け駆け話といっていたのに、他2人が勝手にそういう行動に出たからだ。

すると、2人も正座になった。

「いや、ごめんね!リリスもいたら一緒に出来たんだけど…」

「そういう問題じゃないでしょ!」

それから、数分間、リリスによる説教があった後、やっと開放された3人は、本題のほうに入るのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く