転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

習慣

結果、アインは2人が帰ってくるまで、特に何もしていなく、久しぶりに何も考えない時間を得ていた。

「アイン君?」

そこに2人が帰ってきたのだが、アインは現状、何も考えていない。

もちろん、話しかけられれば、意識が元には戻ってくるが、2人は一回疑問を口にしただけで、そこからは何も言わなかった。

その後、30分くらいすると、アインの意識が戻ってきた。

「ふ~。久しぶりにこんな時間を使えたな。」

そして、アインは意識が戻った瞬間、すでに部屋の中に反応があることに気がついた。

「あれ?もしかして、もう帰ってた?」

「そうよ。」

アインにとっては、何で待っていてくれたのかが気になったので、聞いてみることにした。

「呼びかけてもらったら、いつでも反応できたんだけど、どうして待っててくれたの。」

「それは…」

「アイン君がいつも以上に真面目な顔だったしね。」

「そうそう。あんな顔見たこと無かった。」

真面目というより、何も考えていなかったので、真顔になっていただけだったのだが、自分たちが見たこと無いような表情をしているアインを2人は起こせなかったらしい。

「そうだったんだ。まぁ、これから先、何回かこれをやるかもしれないけど、話しかけて大丈夫だよ。
これは完全に時間を潰す作業だから。」

実際、何も考えなくなるのだから、アインにとっては、気がついたら時間が進んでいた状態だったのだ。

だからこそ、この状態のアインは本当に暇な状態なので、逆に話しかけてもらいたいくらいだった。

「それで、もう上がっていたんだね。」

しかし、そんな頃を今、言えるわけが無かったので、アインはいつでも話しかけて良いよというごまかしをして、その上、話を元に戻すことにした。

「うん。」

「結構前だけどね。」

「そんなに前にいたんだ。まぁ、上がったんなら後は暇な時間が続くだけだけど、何かしたいことってある?」

ここからは就寝時間まで暇になる。

アインはこの時間には、新たな魔法の研究をしていた。

現状、この世に存在する魔法は全て使えるので、アインにとってのこれ以上の強化というのは、新たなる魔法の閑静だったのだ。

しかし、その作業自体にはそもそもこだわりがあまり無く、イメージがわかなければまったく何も出来ないような作業なので、アインの心の中でも優先順位は最も低かった。

「う~ん。私たちも、アイン君が今日はなしがあるって言ってきたから、この場所で何かをしようとは思っていなかったんだよね。」

「そうなんだよ。だから、アイン君に任せようかな。」

アインはそういわれてしまったので、国内にある面白いものを思い出そうとした。

そして、面白いかは分からないが、世にも珍しいものは見せることが出来ると思った。

「それじゃあ、この城の地下に行こうか。
王国や他の国には無いものがあるし。」

そういうと、2人はアインの後を付いていった。

そして、厳重に固められた大きな扉の前に着いた。

「アイン君…中に何が入っているの?」

「安心して、別に危険なものが入っているわけじゃないから。」

そして、アインは扉を開けるのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く