転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

お怒りよ

最後に、シルクの所へと向かった。

(はぁ~。さっきのを聞いた後だと、不安だな…)

そんな思いもあったが、止まってもいられないので、アインはさっさと向かった。

すると、すでに玄関の前で待っていた。

「あれ?外で待っていて大丈夫なの?」

「ええ、大丈夫よ。それに、お父様のほうにはすでに言ってあるから。」

シルクに関しては、前もって準備をしておいて、すぐに出られるようにして待っていてくれていたようだ。

「そうなんだ。それじゃあいこうか。」

「うん!」

アインはその返事に何か違和感を感じたが、誰かが化けていたりしていないことは魔法ですでに、調べてあるので、大丈夫だった。

そして、4人はアインの城の前に着いた。

「あれ?中には入らないの?」

「うん。一応、この城って魔法を使って入ろうとすると、警備システムが作動するようになっているから、出来るだけ転移では入らないようにしているんだ。
まぁ、緊急時は普通に魔法で入るんだけど。」

それでも、アインが着いた場所は、城の裏口であり、一直線に玉座のままで迎えるようにしてあるのだった。

だから、全然時間がかからずに、玉座の間に着いた。

この玉座の間からは、どの部屋へも、出来るだけ時間がかからないように、城が作られているので、最初に食堂へと向かった。

「皆、ご飯って食べてきた?」

「うん」「「ううん。」」

リリスだけが食べてきていたという結果になってしまった。

「う~ん。リリス。デザートだけなら食べられる?」

「大丈夫よ。それにそこまでたくさん食べてきてはいないから。」

「まぁ、デザートを用意させるね。他2人も食べていってよ。」

「ありがとう。ここのご飯がおいしい事は知っているからね。」

2人に関しては、元々アインのところで食べるつもりだったらしい。

食事もとり、何もすることがなくなったので、とうとう、本題に入ることにした。

「それじゃあ、そろそろ今日、呼んだわけを行って良い?」

「良いも何も、言ってくれれば、聞くよ。」

そういわれたので、アインは心置きなく言うことができた。

「2年くらい前に言ったことなんだけど、僕が旅を始めた理由って、婚約者を増やすことだったじゃん?」

「そうだね。それがどうしたの?」

「実際に、婚約者候補が出来たんだけど、最後に確認しておこうと思ってね。
婚約者を増やして大丈夫ですか?」

「アイン君。何人いるの?」

セシリアがそう聞いてきた。

「え?3人だけど…」

「アイン君。元々、婚約者に関しては私たちのほうから願ったことなので、それはかまいません。
しかし、3人ですか…私は5人は作ってきてくださいとお願いしたのですが…」

セシリアが気に入らなかったのは、作ったことではなく、人数だった。

「少なくとも、アイン君が相談する時点で、その方たちが信用するに値することは分かっています。
しかし、3人とは何ですか…こんなに時間をかけたのに。」

正直、アインが婚約者を探すのに使った時間はとても少なかった。

自分の得意な、戦争のほうを重視してしまったからである。

「アイン君には、もう少し旅を続行してもらいますね。」

こうして、アインの旅続行が決まったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • サバかん

    婚約者さん久しぶり

    1
コメントを書く