転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

久しぶりの学校

まず、エリに関してはすぐに許可を出してきた。

『アイン様はこの国唯一の王族。
そのアイン様の子が多いことには越したことありません。
この国を支えさせてもらっている身からすれば、今回の婚約に関しては私は賛成です。
しかし、あのリリス様、セシリア様、シルク様が反対をなさるのなら、私は反対派に回ります。
アイン様も分かっているとは思いますが、さすがにその3人と今回の3人では、比べるまもなく、リリス様たちを取ったほうが良いでしょう。
ですから、私の意見はあの3人によって決まりますが、現状、反対ではありません。』

そんなメッセージが魔道具によって届けられた。

(確かに、最初に婚約を決定したのも彼女たちなんだし、彼女たちのほうが優先度が高いのは当たり前だよな。)

アインとしても、そこのところはよく理解していたし、それに、先に約束をしたほうを破るような人にはなりたくないと思っていたので、もちろん向こうの3人を尊重する形になることは分かっていた。

「それじゃあ、会いに行くか…」

この話を分だけで伝えるのは、さすがになっていないので、アインは直接会いに行くことにした。

しかし、今は昼時。

アインはやめてしまったので関係ないが、学校が普通にやっている。

しかも、学校とは関係の無くなったアインが校内に入るためにはいろいろな書類が必要だったのだ。

これはもちろん、貴族学校なので、国の多くの重要人物の子供が通っている。

そんなところを何者かに狙われてしまっては困るので、この学校には市民には内緒で、国の精鋭たちが普通の清掃員などに化けているのだった。

「これは待つか…」

あの後、1年はたっているので、もしかしたら、学科が変わっているかもしれない。

なので、終わる時間も分からないので、アインは学校の近くで待つ頃にした。

そして、ちょうど良く、学校の入り口付近がぎりぎり見えるような宿を発見したので、そこに数時間だけいることにした。

もちろん、宿は基本的に泊まる場所なので、安くは出来ないといわれたが、元々そのつもりだったので、アインは2人分くらいの宿代を支払うことによって、その部屋をもらえた。

「ここからは、いつの間にか帰っていたが内容に気をつけるだけだ。」

そして、アインはその宿で、すでに呼んだことのある本などを3時間くらい読み続けていた。

すると…

「ん?玄関に人が集まってきた。
これはそろそろ下校かな?」

そう、生徒玄関に多くの生徒が集まり始めたのだった。

どの人も、貴族として、美しく見せる施しをしてあった副だったが、その中でも、リリスだけは以上に輝いてた。

(あの国王、結構な親バカか?)

装飾などに使われているのも、宝石のレプリカではなく、本物だったため、リリスの父親の親ばか具合が分かる。

(て!?こんなことしている場合じゃなかった!)

アインはまだ、自分が定期的に学校に来ていたことを思い出した。

基本的に彼女たちは3人で行動をする。

つまり、誰かに気がつかれた瞬間終了か…

それでも、アインは3人がそろうまでは待って、それから10分後、玄関の中から3人が出てきた。

(さて、ここからとりあえず、どうしようか…)

それでも、いつまでも一緒の場所にいるのもおかしいので、アインはとりあえずは3人に話しかけることにしたのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • アキ

    誤字報告

    副→服

    下→した

    1
コメントを書く