転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

3人からの…

そして、3人が何かを決意した顔をした。

「アイン君。大事な話があるの…」

「そうなのか…それで、どんな話?」

「今後のことなんだけどね。」

「今後のこと?それは今から決めていくんじゃないの?それとも、僕がいない間に、ある程度の予定は決まっていたのかな?それだったら、僕はそれに従うけど。」

アインはこんな状況になってもわかっていなかった。

「こ、これから何をするかはアイン君が決めて良いよ。
でも、私たちはベつのことを気にしているんだ。」

「何?」

「それはね…」

そして、3人は一斉にアインに対して、言葉をぶつけた。

「「「これから、一生お願いします!!」」」

こんなことを言って来たのだった。

「え?は?」

まったく、何を言われるのかわからない状態で、そのようなことを言われたアインは一瞬理解が出来なかった。

それでも、発した言葉というものはとめられる訳が無く、アインの脳までしっかりと届いていた。

「それって…どういうこと?
一生って事は何?このまま冒険の道で金を稼いでいくってこと?」

アインがそういうと、代表をして、ヘレンが1人前に出てきて、その答えを言った。

「その考えに関しては、半分そうで、半分違うのです!」

「……?」

「アイン君は本当に鈍感ですね!だから、私たちは告白をしているのですよ!貴方とこれから一生いて良いのか聞いているんですから!」

ヘレンは、勢いのまま、すべてのことを言った。

そして、そこまで言われれば、さすがのアインでも分かった。

「そう…か…」

「それで、返事はどうなんでしょうか…」

へレンがさっきまでの勢いはどこに言ったといいたくなるような、不安に駆られた声で、アインにそうたずねた。

「そうだね…まぁ、結婚に関しては、出来るかはわからない。
それに関しては、僕の家が貴族の家だからといえば分かるよね?」

この世界にも、もちろん政略結婚というものはある。

そして、大体の貴族の子供に関しては生まれて数年もすれば、婚約者というものが出来上がる。

つまり、決められた人と結婚をするのが、この世界の貴族の結婚だったのだ。

「これに関しては、僕の婚約者に聞かないといけない。」

「やはりアイン君にも、婚約者はいるのですか…」

「ああ、だから、もしも君たちとの結婚が出来たとしても、正室は上げられないので、それなりに、第何婦人とかになるだろう。
それでも良いというなら、僕のほうからも、掛け合ってみるよ。」

「それでも良いです!それでも、一生ついていきたいと思ったのですから。」

ヘレンは、アインがその質問をすると、すぐにそう答えた。

「そうか…そこまで言われてしまったら、ここで断る訳にも行かない。
ちゃんと聞いてみるよ。」

「お願いします。」

「それじゃあ、明日、僕のほうから婚約者に今回のことを手紙にして書いて、送ってもらうから時間かかっちゃうけど良い?」

「それくらい待ちますよ。私たちのほうが頼んでいる側なのですから。」

「そうだね。
それにしても、もしも許可が出来たときには、君たちにもそれなりの権力がつくんだから、今のうちに説明しておいたほうが良いか。」

そして、アインは貴族としての振る舞いを教えたが、もしも許可が出たら、王族としての振る舞いも教えなくてはいけないなと思って、明日へと思いを寄せるのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く