転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

退学?

「さて、本当にこれからどうして行こうかな。」

「そうですね。少なくとも、冒険を続けようと思ったら、この国では若干不便ですからね。」

すでに、アインたちがいる街は、戦争の影響で一回、大規模で街が整備されたので、魔物が沸きにくくなっていたのだった。

「そうだね。この街の近くでは弱いモンスターしか沸かないし、しかも、そのモンスターすら数が少ないしね。」

「そうなんです。だから私たちも結構離れた場所まで行って、魔物を倒して帰ってきてを繰り返していたのですが、やはり、しっかり日が暮れるまでに帰ってこようとすると、なかなかモンスターを倒せないので、結構不便だと思っていたのです。」

「そうなんだ…それじゃあ、まずは冒険に適した場所を探すところからだね。」

「そうね。」

第一目標は決まったが、これを今すぐに行う訳にはいけないので、その先についても放し始めた。

「冒険を続けるに当たって、問題点もあるんだけど、1つ良い?」

「何?」

ここで、アインは気になっていたことを聞いた。

「この冒険って、いつまで続けるの?」

そう、この冒険を無限に続けることなんか出来ないのだった。

なぜなら、アインの本来の職業は皇帝。

この職業は今はまだ、16歳なので、他の人も支えてくれるだけだが、問題は18歳になったときだった。

この世界の成人は15歳なので、アインはすでに成人はしているのだったが、それでもアイン自身はやはり15歳で成人というのは受け入れられないし、国民のほうも、成人しているからといって、全ての責任を負わせようとは思えない風格なので、国民も少しのミスなら、許してくれるだろう。

しかし、18歳というのはこの世界でも意味を持っていた。

それは成人という意味ではなく、高校を卒業したということだった。

この世界でその意味があるのかと思うかもしれないが、成人とは関係なく、高校を卒業したというのも1つの評価だったのだ。

つまり、高校である程度の知識を持っているのなら、ミスは少なくて済むだろうということだった。

それでは高校に行っていない人はどうすれば良いのかと思うかもしれないが、大体の貴族の当主や王族は学校に通うものなので、学校に通ったなんていわなくても、学校には通ったんだろうな、と国民が思うのは普通の発想だった。

(しかも、僕の場合は幽霊部員ならぬ、幽霊生徒だからな…)

アインも最近は自分の用事によってまったく行けていなかったのである。

そもそも学生がそんなに休んでしまって良いのかという問題もあるのだが、貴族が多く通うあの学校では、家の都合によっては休んでも良いことになっている。

アインも何も、私欲のために休んでいるのではないので、その制度が適用されて入るが、こんなに休んでいるのなら、そもそも学生にならなくて良かったのではないかということも、アインは考え始めていた。

(正直、学校の友人には悪いけど、学校辞めようかな…)

そもそもが前世の知識を持っているアインが、この世界の学校で習うことなんか殆ど無いので、行く必要はなかった。

(そうだ!そんなことよりも、国内にもっと学校を増やさなきゃ!)

学校のことを考えていると、自国の学校が大丈夫なのか気になってきて、そういえば自国は学校が少なかったことを思い出し、何とかしなくてはと思ってしまった。

「アイン君。さっきからずっと何考えているの?」

自分で質問しておきながら、一人が考え込んでしまったアインに、他の3人はわけのわからないような表情をしてアインを見ていた。

「ああ、ごめんね。質問しておきながら1人で考え込んじゃった。
それで、どうするの?」

アインがそういうと、3人はいきなりお互いの顔を見始めるのだった。







400話達成。
ここまで見てくれた方々、まことにありがとうございます。
これからも、この作品をよろしくお願いします。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く