転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

彼女たちの成長

「それで、僕がいなくなってからはどんなことがあったの?」

「まず最初に、アインさんがいなくなったことに同盟国が驚いていましたね。
しかし、エリさんというアインさんの部下…で良いんですよね?」

「そうだよ。」

「そのエリさんが、『アイン様は、別の仕事が入ってしまったため、しばらくは戻れない。
それまでは各国、自国の回復や発展に力を費やすのが良い。と言っていました。』と言ったのです。」

「そうだったんだ。だからエリは、他の国になんと言っておけば良いのでしょうか?と聞いてきていたのか。」

「おそらくは…その結果、各国は今回の戦争で、負った傷を回復させるために、内政を基本的にやっていましたね。
それに、新領土を持った国に関しては、そこの有効活用もしていかなくてはいけないですし。」

「まぁ、そうなるよね。
それで、ヘレンたちは何をしていたの?」

「私たちですか?」

「うん。正直、各国に関しては、エリから聞けば情報が得られるけど、ヘレンたちのやっていたことに関しては、本人から聞くしかないからね。」

「私たちも、そんな大きな事はやっていませんよ?」

「だとしても、何をやっていたのか気になるんだ。
それに、これからもう一回冒険を再開するかもしれないのに、僕がいなかった間のことを何も知らないと、情報の伝達が送れちゃうかもしれないしね。」

「そうですね。
私たちは基本的にこの4人の行動を決めていたアインさんがいなくなったことで、何をすれば良いか分からなくなってしまい、しばらくアインさん抜きで冒険を再開しても良いのかなどを話し合っていました。」

「そうだったんだ。それじゃあ、先にやってて良いことを伝えていけばよかったね。」

「まぁ、それでもアインさんがいつ帰ってくるのか分からないのに、いつまでも冒険をしないままで良いわけがないということで冒険を再開することにしました。」

「それで、何をやったの?」

「最初は自分たちよりも結構下のランクのクエストを受けていきました。」 

「そうなんだ。何で?」

「まぁ、4人から3人に減ってしまったので、戦い方も変えなくてはいけないということで、最初のほうの戦いに慣れるまでは下のランクの方の魔物と戦っていました。」

「大丈夫だった?」

「大丈夫でしたが、さすがに効率は悪くなっていましたね。
単純に人が減っただけもつらいのに、オールラウンダーが消えてしまいましたから。」

基本的に何でも出来るアインは、4人で冒険をしているときには、基本的に全てのことに支援をしていて、その中でもつらいところのカバーに入るようにしていたのだった。

「それでも、やはりシオドーラは強いので、彼女が大体の敵を倒してくれましたよ。」

シオドーラは近接戦闘に関してはSランクにも引けをとらないくらい強いので、彼女がいれば大体のクエストは大丈夫だったのだ。

「それじゃあ、ランクも上がった?」

「確かにランクは上がりましたが、それほど上がっていません。」

「そうなの?」

「ええ、確かにシオドーラに全てを任せれば簡単にランクを上げられるのかもしれませんが、私とアニータが完全に足手まといになってしまうじゃないですか。私たちはそれが嫌なので、ぎりぎりついていけるランクまでにしています。」

「それで、いくつなの?」

「私とアニータはC。シオドーラはギルマスの薦めでBになっています。」

「そうか…分かった。それ以外には何かあった?」

「いえ、基本的に普通の冒険をしていただけですので。」

「分かった。ありがとう。」

そういって、話を終わらせ、外に出ようとした瞬間。

「アインさん。彼女たちそろそろ帰ってきますよ?」

そういって、とめられてしまったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く