転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

再会

正直、まだ傀儡国のほうの成長は進んではいるが、完了したとはいえなかった。

それに、成長に関してはどの国でも完了というものはないだろう。

技術が進歩すれば、それを普及させるまでは完了とはいえなく、普及させている最中に別の技術が生まれてしまった場合、それを普及させるまで完了とは言えないという無限ループが存在する以上、国の成長の限界というものはないだろう。

(だが、そんな事を言って、国の成長をいつまでも見守っていたら、僕の自由がなくなってしまう。
だからこそ、落ち着いてきた今、一旦この場から離れるしかない。)

そして、アインはある程度、国の成長が進んだ後に、国王に、一旦国から出て行くことを伝えた。

「それじゃあ、僕はそろそろ自分のやることがあるから、この国から出て行くね?」

「そうですか…アイン様、今回は支援のほうをありがとうございました。」

「気にしなくて良いよ。自分のための支援だからね。
それじゃあ、そろそろ行くね。」

「はい。お気をつけて。」

そんな見送りを背に、アインは3人がいるはずの宿に向かって行った。

「さて、なんか久しぶりに会う気がするな…」

同盟を使って教会を倒そうとしていたときは、暇を見つけて定期的に、冒険に出ていたので、そこまであっていないわけではなかったのだったが、その後の魔国関係のことをやっている間から、今回の支援を行っている間は、まったく会っていなかったので、結構久しぶりに感じるのだった。

(まぁ、こんなこと思っていて、踏み出せなくては、ずっと状況は進まないしな。
久しぶりだけど、大丈夫だろう。)

アインとしては、ずっと会っていなかったことによって、関係が少しだけ変わってしまうのではないかという心配をしていたのだった。

実際、人というのは一旦親しくなった人でも、しばらくあっていないと、また他人から始まってしまうこともあるのだ。

だからこそ、あいんにとっては少し不安だったのだが、そんな事言って、ずっと会わないままだと、それこそ会っていない時間が増えていくことになって、もっと溝が深まってしまう可能性があったので、アインは入ることを決意したのだった。

「久しぶり。」

アインは久しぶりすぎて、何についてをはなせば良いのか分からなかったので、とりあえず、帰ってきたことだけを伝えようと思って、久しぶりといったのだった。

「あ。アインさん。帰ってきていたのですか?」

中にはヘレンだけがいた。

「まぁ、さっきここに着いたばっかりだけどね。」

「そうでしたか…2人はちょうど買い物に行っていて、今はいないのですよ。」

「そうだったんだ。それは少しだけタイミングが悪かったね。」

「まぁ、2人もアインさんと話したいことが多くあると思うので、少しの間だけ待っていてください。」

「分かったよ。
それじゃあ、先に僕がいなくなってから何をやっていたのか聞いて良い?
多分、僕が何をやっていたのかはこの後聞かれると思うし、その前に、何をやっていたのか聞いといたほうが楽だと思うから。」

「分かりました。」

そして、ヘレンはアインがいなくなってからのことを話し始めるのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く