転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

支援の結果

「正直、ここまで支援していただけるなんて思っていませんでしたから、そこまで欲しいものを考えていないんですよね…」

国王の一声はこれだった。

しかも、この王はアインが渡してくるものを最大活用しようと考えていたので、アインから何が欲しいかを聞かれるとは思っていなかったのだった。

「そうか…しかし、僕にもいろいろと用事があるから、今決めてもらったほうが良いんだよね。」

アインのほうにも、時間的に余裕があるわけではなかったので、早めに決めて欲しかった。

「正直、私に関してはアイン様から、この国王という役職をもらった瞬間から、アイン様の指示に従って、国をまわしていくのかと思っていましたので、現状、自分の思うようにやって良いという状況だけでも驚いているのです。
そんな中、さらに私のほうから欲しいものなど請求できません…」

基本的に、欲が少ない彼にとっては、今回の欲しいものを聞かせてくれというのは難題だったのだった。

「そうか…それじゃあ、一旦、僕のほうから指示を出させてもらう。
今のこの大陸の問題点は知っているな?」

「はい。教会という共通の敵を失ったことによって、強国がそれぞれ自分たちの子分的な国をまとめて、同盟を作ったことです。
これによって、この大陸にはまた戦争時代がやってきそうということですよね?」

「そうだ。そして、僕が前回の戦争で勝ち取ったこの国はもちろん、敵に国なんかに渡したくない。
短い期間であっても、自分の国の国民となったんだからな。」

「そうですね。私もこの国の王として、この国の国民を見捨てるようなことはしたくないです。」

「ああ、だから、今回のこの支援に関しては、まだ僕のことを信じてくれて残っている同盟国を助けるとともに、脅威となる同盟を潰していこうという算段もある。
だから、この国の国民の幸福度を上げるとともに、同盟国たちの国力、軍事力を上げなくてはいけない。
だから、君が特に望むものがない場合は、その2つをあげるのに適しているものを積極的に渡していくことになるが、それでも良いのかい?」

「ハッ!そもそもこの国に関してはアイン様が作ったお国。
全ての最高決定権はアイン様にあると思っていますので!」

「そうか。それじゃあ、僕のほうで決定させてもらうことにするよ。」

そして、その日からアインは傀儡国に対して、多くの支援を開始した。

まず、バルバロット帝国の基本的な日用品。

その中にはもちろん、ケータイも含まれていたが、技術漏洩をアインは気にしていなかった。

なぜなら、この技術に関しては、アインでなければ理解が出来ないからだった。

そのほかにも、多くの支援をしていった。

まず、武器の技術提供、しかし、この技術に関しては、バルバロット帝国で使われているものの、2世代前の技術を使っており、こっちに関しての漏洩は厳重に対策されていた。

そして、単純に資金。

このわけは、軍に入ってくる人を増やすためだった。

兵は危険が伴う分、比較的に入るには大きな決意がいる職業なのだが、それを考慮しても入りたいと思うほどの給料にしてしまえばよかったのだった。

実際、これは少し後の話しになるのだが、多くの国民が兵を志願して、少しだけ多くなりすぎて、国を守る兵の兵員というものが出来るほど、兵を志願するものが多くなってしまったのだった。

そして、アインはこの支援を他の国にも行った。

さすがに、この国ほど支援は出来なかったが、それでも、同盟国にはそれなりの支援をしていくのだった。

こうして、同盟国に関しては、だんだんと力をつけてきて、得られた資金を使って、土地の開発なども行って行き、食糧問題もだんだんと解決されるようになっていったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く