転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

新政府の採用方法

そして今、アインが出した命令によって、場内はあわただしくなっていた。

それは、アインが今回は魔王権限を使って、1つのほうを定めたのだった。

それ自体には、そこまで問題はなかった。

今までの魔王の中にも、そのようなことを行ってきたような魔王がいたからだ。

しかし、今回のアインが作ったことが大きくなったのは、別の要因があったのだった。

今回、アインは法というより、国家精神を変えるということを、国民のみんなに説明した。

最初は、国民のみんなも、何を言っているのか、わからない状態で、誰も耳を傾けていなかったのだが、1つの条件によって、その例は払拭された。

「今回、一旦この国の大臣をすべて、やめさせることにする。そして、問題はここからだ。
これから、この国は今までのようにはいかない。
私の手によって、今までの歴史に終止符を打つのだ!」

アインがそんなことを言ったのだった。

最初は、だれしも、本気でやるとは思っていなかった。

なぜなら、大臣をやめさせるということは、今までの制度にのっとって採用された、力の強いものが一気に敵になるからだった。

確かに、今までの王も国内で最強だった。

強い部下がみんな一斉に敵になった時に、勝てるかと言われれば、そうとは言いきれない力の差だったのだ。

しかし、アインは違う。

アインに関しては、1人で魔族を絶滅させることができるくらいの力を持っている。

なので、今までの魔国の政治とは違って、大臣たちの反逆を考える必要がないのだ。

今回のこれも、もちろん実力が上のものほど、今までに比べて、立場が弱くなるので反対するだろう。

しかし、アインはそれは仕方ないことだと考え、それをどうして排除していこうかを考えていた。

それほど、アインのこの計画は血を流すことを避けては通れない道だったのだ。

そして、アインは、この命令を出すときに、1つの大会を開催することを国民に伝えた。

その内容は…

「アイン様、テストができましたよ。」

「そうか、ありがとう。
それで、終盤の問題だけは記述式にしてくれたか?」

「ええ、そのものの、思想を見たいということですね?」

「そうだ。」

そう、テストの実施だった。

アインは今回の大臣入れ替えについて、他にも貴族をつけることを言った。

そして、それぞれの力があるものがいて欲しかったので、アインは今回、全成人に対して、テストをすることにした。

その内容は様々で、このテストを受けることは強制だが、どのジャンルをやるかに関しては、国民が選べるようになっていた。

一番人気なのは、内政のジャンルだった。

このジャンルで、テストのいい順に貴族に慣れていくのだった。

他にも、最初から大臣を狙う人なんかもいたが、それでも、結局すべてのものはテストを受けなくてはいけなかった。

このテストは自分の今後の人生全てを決める。

そんなテストの開催日はすぐ近くに来るのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く