転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

魔族たちの対処

「君たち、今回は良く集まってくれた。
まぁ、そんな事言っても、今回に関しては、君たちのせいでこんな大それた事をやらなくちゃいけなくなったんだが…」

アインは、そんなセリフを呆れの感情を丸出しにして、言った。

「まぁ、今はこんなことを言っていてもしょうがない。僕にも時間が無いんだ。
だから、簡単に終わらせるよ?」

そこで、城下にいた魔族たちはなめられていることに気がつき、激怒した。

「何だと!今まで何も活躍していない魔王が何を言って嫌がるんだ!」

「どうせ、今の魔王の地位も、実力じゃなくて、何かを使って取っただけなんだろ!」

「そんな、やろうがなめたマネしてんじゃねぇぞ!」

そんな事を、城下から言われたが、アインはまったく気にしていなかった。

「そこまで言うなら、力ずくでこの地位を奪えば良い。しかし、そんなことは君たちには出来ない。」

そう、彼らにはそれが出来なかったのだった。

なぜなら、彼らには魔王である、アインと戦うことが出来る機会がまず、少なく、さらに、城内にいる兵に勝てないからだった。

元々、城内にいる兵に勝てていない時点で、魔王にはなれないのだが、彼らには魔王に勝てば自動的に魔王になれ、しかも、城内の兵は一切反乱を起こさないものという、身勝手な考えを持っていたのだった。

「それじゃあ、早速戦っていこうか。」

アインがそういうと、城下では魔族たちが、戦う順番についてを議論していたが、アインはそんな、1人1人戦ってやるつもりなど、無かった。

「何をやっているんだい?君たちは…
まさか、魔王である僕に1人で勝てると思っていたの?
さすがに、僕でも君たちよりは圧倒的に強いよ。」

さすがにとか言っているが、封印をといてあるアイン以上の者など、この世には存在しないのだ。

つまり、彼らはこの星で一番強い者と対峙をしているというのに、圧倒的に離れすぎた実力のせいで、相手の力が図れず、結局弱いままだと思ってしまっていたのだった。

現に、アインの体から放出される魔力によって、周囲は魔力に飲まれているが、だからこそ、それをアインの魔力ではなく、今日は結構魔力の流れが良い日なんだな。とか思っている、魔族どもには、何も感知できなかったのだった。

しかし、彼らの心は、そこまで簡単なつくりをしてない。

アインに、1人で戦わないと言われ、それはそのまま、挑発の意味に捉えた彼らは、一斉にアインの元にかけていった。

ある者は風魔法で浮いたり、ある者は自己強化の魔法などで、高速で動いたりしていた。

そして、一定の数の魔族がアインに近づいた時点で、アインは魔法を発動した。

その魔法は、魔族の王である魔王が使うには到底創造できないものだった。

なぜなら、その魔法によって生み出されたものは…

「な、何だこの光………!?
肌が焼けるように熱い!」

そう、魔国の上空にいつもいる雲を貫いて地上を照らしたのは光だった。

基本的に闇魔法を得意とし、光魔法を苦手とする魔族の間では、光魔法に対する知識も無く、そのまま何もすることが出来ずに、力尽きて地上へと落ちていった。

そして、多くのものが死ぬ中、それでも生き延びたものはいた。

「生きたのか…残念なことだ。
まぁ、市民もいないことだし、良いか。」

アインがやったことは市民には見せられなかった。

なぜなら、仮にも魔国の王として、国民に恐怖を与えてはいけないと思っていたからだった。

アインの考えでは、攻めて来た奴らは全員、一回は国家反逆罪を犯したということで、国外追放をしたという考えにした。

そして、その後また、攻めに来ているのだから、これは極刑対称だということで、魔族を殺していった。

しかし、何もしてない魔族を巻き込む訳にも行かないので、事前に、人の話から、王都の民には逃げろといっていた。

そして、そのものたちが今、いないこの状況では、アインが何をしようと、反逆者を捕まえた英雄という扱いになるだろう。

だからこそ、早くこの戦いを終わらせるために、がんばって耐えた魔族の首を一瞬で切り落としていくのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く