転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

精神異常者

(教会の内部の神官の数が一気に減ったな。
誰かが情報を漏らしたか…)

アインは、そんな事を思っていたが、正直、しょうがないことだと思っていた。

(まぁ、あいつら基本的に戦闘狂だし、しょうがないか…)

特殊部隊は基本的にアインが作った、超強化された魔物と戦うものなので、基本的に戦闘狂じゃないと、訓練について来れないのだった。

(でも、まさか神官が逃げ出すとは…
基本的に宗教的な支配は効果が強いから、逃げ出すとは思っていなかったんだが…
よっぽどひどい脅しでもしたのか?)

本当に神を信仰している、狂信的な信者だったら、最終的には紙が助けてくれると思っているので、基本的に逃げ出したりはしないのだが、結局は利益を求める宗教と化していたので、自分にとって都合が悪くなると、簡単に逃げ出してしまったのだった。

しかし、アインはそんなことにかまうことなく、教会が弱くなったという事実だけを確認して、弱くなったということで、早めに侵攻を始めることにした。

そう決めたアインは、早速同盟国に攻め込んでも良いという報告をして、さっさと、攻め込むことにした。

(さっきまでの行為は味方にも秘密でやっていたことだから、この事を誇る訳にはいかない。
だから、他の国よりも早く要衝を潰していかなくては…)

そんな事を言っていたが、敵の兵は殆どいないので、結局はどんどん戦いもせずに進んでいくだけとなった。

そして、最初の街が占拠された頃にやっと、大神官たちにも報告が行った。

「何!?街が占拠されただと!?
兵たちはどうなっているんだ!」

「どうやら、殆どの軍は全滅しており、とっくに殺されているようです!」

「そんなバカな!神官たちに問題があったら、報告するように行ってあったのだぞ!?」

「そのことですが…」

「何だ?まだ何か言いたいことがあるのか?」

「正直…言いにくいのですが…」

「何なんだ!攻め込まれているのだから、すぐに近衛兵を出さなくてはいけない!
言いたいことがあるなら早く言ってくれ!」

「殆どの神官が大聖堂内に見当たらないのです!」

各隊との連絡役に命じられずに、他の神官との友好関係も作っていなかったらから、おいていかれた神官は、そのことを大神官に報告した。

「何…だと?
神官共がいないだと!?」

「ええ、正直、大聖堂内で、主に各隊の隊長と連絡を取っていた神官が行方不明なのです!」

「フフフ…フハハハハハ
バカ共め!
教会から何の許可も得ずに逃げ出したら死刑だということを忘れたのか!」

なぜか、味方が逃げ出したというのに、大神官は笑っていた。

なぜなら、彼は結構イカれた精神異常者であって、人を殺すことに少し、快楽を得るような者だったのだった。

しかし、何の理由も無く、殺してしまっては、大神官としての立場が危うくなるので、今までは何もやって来れなかったのだった。

しかし、今回、神官が逃げ出したことによって、人を殺す口実が出来たので、そのことがうれしくって笑っていたのだった。

「大神官様…何故笑っているのですか?」

「ああ、気にするな…それにしてもそいつらもバカだな。
教会から逃げれば近衛兵に追い詰められて死ぬというのに…」

その言葉を聞いた時点で、残された神官は、それが出来ないということに気がついた。

「しかし、同盟国たちの進軍に近衛兵を割いてしまうので、それは出来ないのでは?」

そういわれて、大神官も、現状はそっちのほうが問題だと分かった。

「そうだな。まずはそっちからだ。
ちなみにそいつらがどこに行ったのかは分かるのか?」

「転移魔法を使ったところまでは分かっているのですが、行き先が…
どうやら、魔力を抑えるために行き先を決めなかったらしく、そのせいで魔法の痕跡を検査しても行き先が分からないのです。」

「これは時間がかかるな…」

「ええ、なので、やはり戦争を終わらせてから、じっくり時間をかけて探していきましょう。」

「正直、逃亡者共を一定時間自由にさせるのは気に食わないが、それでもしょうがないか…
そうと決まればさっさと同盟国軍を倒してしまうか。」

そう、大神官は行ったが、この後、逃亡者を追いかけるための部隊は二度と作られなかったという…

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ヒカッチ

    「そう大神官は行った」は「言った」では

    1
  • ノベルバユーザー288695

    神を紙になってますよ

    1
コメントを書く