転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

ついに…

あれから先も、アインはあの国に力を入れまくった。

まず、あの国の道路などを補強したり、街の家などを一軒ずつ、すぐに変えていったり、他にも、臨時でその国の王になった者に、大量の金を渡して、その人にがんばってもらったりした。

そして、地下のほうでは、ほぼ地上と変わらない環境で、すでに建物などは完璧な状態だったので、その世界で作られる魔物のレベルを上げて、地上の人よりも強くするプログラムなどが始まっていた。

(さすがに、最初から街のほとんどが完成している地下世界のほうが、成長は早いか。)

いくら、アインが投資したって、限界というものがあり、そもそもいきなり長軍事国家にすることなどできないのだった。

そして、アインはその後数ヶ月、同盟に加盟しなかった国で、立地や、将来的に敵になりそうな国を滅ぼして行った。

そのときには、その国もちゃんと参戦させて、軍には実戦経験が豊富なものが多くなり、戦争の報酬でも、アインは金や土地よりも、人を欲して、人だけを飛行船などで持って行った。

「アイン様、そろそろ、街の家にも人が埋まってくるのではないでしょうか?」

「そうだね。そろそろ空き家はなくなりそうだよ。」

「それで、アイン様のこの実験の最終段階はどこなんですか?」

「ああ、この実験の最終段階は…この国が、僕の支配下にあるあの6国の次に強くなるくらい強化する。
これが最終目標だよ。」

「本当…ですか?」

「ああ、それに、あまり非現実的なことでもないしね。」

実際、現状でもあの国はもう、結構な力をつけていた。

「まぁ、後は、あの国の装備の発展や、それ以外にも、僕のところで使っている電気を使えるようにはなってほしいかな。」

「確かに、アイン様は最近、本国よりもその他の土地に力を入れていますからね。
それは、この大陸の6国も例外ではなく、あの6国にも電化製品は出回っていますから。」

アインは、出来るだけ、本国とその他の地域の文明の差をなくすために、最近は金を使っているので、正直、目標となる6国も、どんどん発展して言っているのだ。

「まぁ、それよりも、そろそろ教会戦を意識してきても良いかな?」

「そうですね。この数ヶ月で、同盟国以外の国は結構減らしました。そして、現状、我々の同盟がアイン様の管理している大国以外の大国全てを取り囲むようになりました。」

「そうか…それじゃあ、そろそろ開戦をするか。」

「この宣戦布告は、同時に複数のところにするのですか?それとも、教会にのみ行うのですか?」

「一応、教会だけにしておこう。まぁ、教会からの大量の支援や、狂信的な信者によって、教会に宣戦布告をすれば、戦争に介入はしてくるだろうが…」

「それでは、他国には前線を作るように言っておきますか?」

「ああ、そして、今からでも時間がある。今のうちに要塞を立てておいてもらおう。
物資などはこちらから出す。」

「分かりました。それでは、そのことを伝えてきます。」

「ああ、よろしく頼んだ。」

そして、エリは、部下を呼んで、その人たちに報告に行かせたのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー211120

    アインと会話してるキャラが誰なのか全く分からないです。

    何度も言いますが、キャラに個性をつけてください。

    2
  • ヒカッチ

    「待ち」ではなく「街」では?
    間違ってたらごめんなさい

    1
コメントを書く