転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

説明  この数ヶ月①

その後、数ヶ月の月日が経った。

「ふ~。やっと同盟も大きい同盟といえるくらいにはなっているな。」

アインは、この数ヶ月間、国を周って、交渉をしていき、どんどんと、同盟国を増やしていった。

「アイン君。」

そして、達成感に浸っているアインに、1つの声がかかった。

「どうしたの?ヘレン。」

結局、あの後のたびもあの4人でやっていくことになって、メンバーは数ヶ月間変わっていなかった。

「いや、アイン君が何かボーっとしているから、何かあったのかなって。」

「ああ、同盟が大きくなったことを喜んでいただけだよ…」

「同盟ね~。最初は私たち4人しかいなかったのに、今では大きな同盟になったものね。」

結局、今では、加盟国は約80国となっていた。(うち、6国はアインが作った国で、ほとんどアインが支配している大国。)

これは、この大陸の小中国が約150国なので、大陸の小中国の半数を占めていることになった。

それに、異種族のほうも全部の集落が協力してくれるようになった。

(正直、人の国よりも集落のほうが協力的なんだよな。彼らは助けてもらえなかったという訳ではなく、直接迫害されているし…)

最初のほうの集落は苦戦をしたが、後半になって、他の種族も教会戦のために同盟に加盟しているということを伝えると、全ての集落が協力をしていくようになった。

ちなみに、同盟国の中では、異種族の者も、平然と歩けるようになった。

今でも、異種族を見つけると、勝手に排除しようとする市民がいたが、そんなものたちは国につかまって行った。

(彼らも、市民の勝手な行動だけで、報酬を失いたくないだろうしな。)

各国には、異種族に手を出し、しかもそれを国が全力でとめなかった場合、同盟の安定にかかわるとして、同盟からの脱退、報酬の返還を要求することになる。

もちろん、国が全力でやっても、被害は出てきてしまうが、問題は国が無視をするかだ。

もしも、国が無視をしていたら、調子に乗って、市民はそのまま虐待を続けていくだろう。
しかし、国が全力で、犯人を捕まえたりしていけば、それが罪だと国民にも伝わって、虐待の件数は減るだろう。

そんな感じで、異種族は今では、同盟国では簡単に買い物などをできるようになっていた。

そして、彼らは今、人生の最高潮にいるといっても過言ではなかった。

理由は、彼らにも黒金貨を渡したが、国民が少ないので、1人当たりに、白金貨1枚以上は行くようになっていたのだった。

しかも、彼らは今まで人間の技術を取り入れられなかったが、それも、同盟国との貿易によって、可能になっていて、彼らは今、始めて、他国との貿易に挑戦していることになった。

(まぁ、経済に関しては、彼らは初心者なので、各国にはやさしく接するようにいってあるから、大丈夫だろう。)

そのため、最初のほうで加盟した集落は、今までの集落とは考えられないくらい発展していた。

しかも、街が1つしか無いので、その一点に集中をすれば、その街がとても発展していくので、他の国よりも発展具合で行けば爆発的であった。

そして、もう1つの、格差もあったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く